ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.06.13 04:33
更新日: 2021.06.13 04:34

トヨタとの僅差の争いをアルピーヌA480が制しPP獲得/WEC第2戦ポルティマオ予選


ル・マン/WEC | トヨタとの僅差の争いをアルピーヌA480が制しPP獲得/WEC第2戦ポルティマオ予選

 LMP1に代わってル・マン・ハイパーカー(LMH)規定が導入された2021年のWEC世界耐久選手権。そのシーズン第2戦となる『ポルティマオ8時間レース』の公式予選が6月12日、ポルトガル南部のポルティマオ(アルガルベ国際サーキット)で行なわれた。

 LMP1ノンハイブリッドマシンでハイパーカークラスに参戦するアルピーヌ・エルフ・マットミュートの36号車アルピーヌA480・ギブソン(アンドレ・ネグラオ/ニコラ・ラピエール/マシュー・バキシビエール)が最速タイムをマークし、ポールポジションを獲得している。

 今季のWECでは予選に関するレギュレーションが変更され、昨年までの各車2名の平均ラップで順位を決する方式から、シンプルな1名のドライバーによる最速ラップで順位を決定する方式が採用されている。

 予選のセッションはふたつに分けられ、最初にLMGTEプロとLMGTEアマの混走セッションが10分間、インターバルを挟んでハイパーカーとLMP2クラスの混走が10分間行なわれる。

 現地時間18時、気温21度/路温38度で開始されたLMGTEプロ&アマの予選では、ケッセル・レーシング57号車フェラーリ488 GTE Evoで木村武史が、Dステーション・レーシング777号車アストンマーティン・バンテージAMRでは星野敏が、それぞれアタックを担当した。

 AFコルセの51号車フェラーリ488 GTE Evoをドライブするジェームス・カラドがブレーキロックから白煙を上げ、AFコルセ54号車フェラーリのトーマス・フローがコースオフを喫する場面も見られるなか、まずはチーム・プロジェクト1の56号車ポルシェ911 RSR-19を駆るエギディオ・ペルフェッティがアマクラスのトップタイムをマークしていく。

 これを、デンプシー・プロトン・レーシングの77号車ポルシェ911 RSR-19のクリスチャン・リードが上回る。

 しかし、チェッカーが振られるなか56号車のペルフェッティが77号車のタイムを逆転し、GTEアマクラスのPPを決めた。

アマクラス最速となったチーム・プロジェクト1の56号車ポルシェ
アマクラス最速となったチーム・プロジェクト1の56号車ポルシェ

 一方、プロクラスでは最初のアタックでAFコルセの2台がワン・ツーとしたが、すぐさまポルシェGTチームの92号車ポルシェ911 RSR-19をドライブするケビン・エストーレが1分37秒台に入れる俊足を見せ、トップに立つ。

 2番手につけていたAFコルセ51号車のカラドは終盤に逆転を狙ってアタックするが届かず、ポルシェ92号車がプロクラスのPPを獲得している。

LMGTEプロクラスで最速タイムをマークしたポルシェGTチームの92号車ポルシェ911 RSR-19
LMGTEプロクラスで最速タイムをマークしたポルシェGTチームの92号車ポルシェ911 RSR-19

 AFコルセ52号車のダニエル・セラはトラックリミット違反によりタイムが削除された結果、全体の最下位でセッションを終えたかに見えたが、その後発表された暫定リザルトでは4番手に復帰している。

 日本勢では、木村は1分41秒276でクラス7番手、星野は1分41秒499でクラス9番手で予選を終えている。

 暫定リザルトによれば、GTEプロ&GTEアマの予選では延べ15件、トラックリミット違反によるラップタイム取り消しがあった。

木村武史がドライブするケッセル・レーシングの57号車フェラーリ
木村武史がドライブするケッセル・レーシングの57号車フェラーリ

Dステーション・レーシングの777号車アストンマーティン・バンテージAMR
Dステーション・レーシングの777号車アストンマーティン・バンテージAMR

■次のページへ:最終アタックで勝負が決したハイパーカー&LMP2予選


関連のニュース

本日のレースクイーン

2024 D'stationフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング