ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2023.03.22 11:36
更新日: 2023.03.22 11:37

フェラーリ499Pのレースでの“遅さ”に驚くトヨタ「予選セットアップは一切しない」/WEC第1戦


ル・マン/WEC | フェラーリ499Pのレースでの“遅さ”に驚くトヨタ「予選セットアップは一切しない」/WEC第1戦

 WEC世界耐久選手権第1戦セブリング1000マイルをワン・ツーで終えたトヨタGAZOO Racingのテクニカル・ディレクター、パスカル・バセロンは、レースにおけるトヨタGR010ハイブリッドと、フェラーリ499Pとのペース差に「驚いた」と語った。

 デビュー戦のフェラーリ499Pは50号車アントニオ・フォコのアタックにより予選でポールポジションを獲得。しかし、レースではトヨタが圧倒的なペースを見せつけ、7号車GR010ハイブリッドのマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペスがシーズン開幕戦を制した。

 フォコのポールタイムは、トヨタの予選ベストタイムを約0.2秒上回るものだった。しかし、レース中のベストラップでみると、最速だったトヨタ8号車のセバスチャン・ブエミに対し、フェラーリ勢のベストラップは約0.6秒、遅いものだった。

 決勝レースは、スタート直後こそフェラーリがリードしたが、2台の499Pが序盤のセーフティカーでピットインした後は、トヨタが主導権を握る展開に。50号車フェラーリ499Pが、セーフティカー終了時にフォコがライン手前でアストンマーティン・バンテージGTEをオーバーテイクしたとしてドライブスルーペナルティを受けた一方、トヨタはロングランで強いペースを保ち、圧倒的な勝利を手にした。

 トヨタのバセロンは、「明らかに、レースへのアプローチが違っていた」と指摘する。

「我々にとって、予選は決して優先事項ではない。我々は常に、決勝でのペースを考え車両を開発している。F1のように、上位グリッドにつければ良いレースができるわけではない。我々は予選セットアップは一切しない」

「このことが、この結果を説明しているのだろう。我々は、レースペースの差に驚いている」

WEC第1戦を制した7号車GR010ハイブリッド
WEC第1戦を制した7号車GR010ハイブリッド

 一方、フェラーリのGTおよびスポーツレースカー担当のフェルディナンド・カンニッツォは「予選ではかなり良い準備ができたと思うが、レースではもっと改善する必要がある」と語っている。

「もちろん、非常に難しいと感じたのは、トラフィックでの走行だ。とても難しかったので、今後に向けては考えなければならないことがあるかもしれない。しかし、このレースでは多くの情報、多くの興味深いものを得ることができた」

「ミスがあったとしても、そこから学んで、今後同じことを繰り返さないようにすることができる。すべての領域で、小さなことでも改善できることがたくさんあると思う」

■次のページへ:「彼らはすぐに我々に近づくだろう」と警戒するバセロン


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース