2017.10.07

F1ドライバー&関係者、世界を知る7人が語るスーパーフォーミュラの可能性


スーパーフォーミュラ | F1ドライバー&関係者、世界を知る7人が語るスーパーフォーミュラの可能性

 ストフェル・バンドーン、そして2ピエール・ガスリーと2年連続でF1直下のカテゴリーであるGP2(現FIA F2)チャンピオンが、日本のフォーミュラカーレースにおけるトップカテゴリー、全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦していることはご存知の方も多いはず。近年、ヨーロッパをはじめとした世界各地から、スーパーフォーミュラへの参戦を希望するドライバーが増えている。その背景を、世界を知るドライバー、そしてエンジニア、そしてF1関係者たち7人に聞いた。

■スティーブ・クラーク(SUNOCO TEAM LEMANS 大嶋和也 担当エンジニア)

シーズン途中からSUNOCO TEAM LEMANSに参加したスティーブ・クラーク

 SUNOCO TEAM LEMANS 大嶋和也 担当エンジニアであるスティーブ・クラーク氏。F1ではメルセデス、フェラーリで上級エンジニアを務め、スーパーフォーミュラには2017年シーズン第4戦もてぎからチームに加入した。

 クラーク氏はスーパーフォーミュラについて、マシンのパフォーマンスの高さ、特にその『パワー』に驚いたという。

「マシンは軽くてエンジンはパワフル、ダウンフォースはかなりあり、タイヤのグリップレベルも高い。エンジニアにとっても扱うのが簡単ではない、いい素材のパッケージだと思います」

「そして、参戦各チームがみんなハイレベルですね。以前はGP2と同等かと思っていたところもありましたが、スーパーフォーミュラは世界をリードするチャンピオンシップのひとつだと感じています」

■ライアン・ディングル(SUNOCO TEAM LEMANS フェリックス・ローゼンクビスト 担当エンジニア)

DTMなどのエンジニアを担当してきたライアン・ディングル

 クラーク氏同様、SUNOCO TEAM LEMANSのエンジニアとしてフェリックス・ローゼンクビストを担当するのがライアン・ディングル氏。まだ30歳、新進気鋭の若き外国人エンジニアだ。

 昨年は主に全日本F3でキャリアを重ね、今年はスーパーフォーミュラとともにスーパーGT GT500クラスのLEXUS TEAM WedsSport BANDOHでデータエンジニアも担当している。

 スーパーフォーミュラ、スーパーGTのふたつのカテゴリーで戦うディングル氏が語るのは、ドライバーの実力の高さだ。

「僕は今年、ドライバーにすごく恵まれているんです。本当にラッキーなことで、フェリックスはもちろん、GT500で一緒に仕事をしている関口(雄飛)、国本(雄資)、山下(健太)、(小林)可夢偉、みんな(スーパーフォーミュラを走っている)速いドライバーたちばかりなんです。すごく楽しいです」

■ピエール・ガスリー(スクーデリア・トロロッソ/TEAM MUGEN ドライバー)

マレーシアGPからF1デビューを果たしたピエール・ガスリー

 実際にドライバーとしてその『速いドライバー』たちと戦っているピエール・ガスリーはこれについてどう見ているのだろうか。

 ガスリーは先日のマレーシアGPでF1デビューを果たし、日本GPへも参加。あくまでもF1フル参戦を目下の目標とするガスリーだが、今年のスーパーフォーミュラでも2勝を挙げ、トップの石浦宏明に0.5ポイント差のランキング2位でルーキーイヤーながらチャンピオンの可能性を残している。そのガスリーも、スーパーフォーミュラでの経験は今後につながると感じているようだ。

「(実際に参戦してみて)本当にタフでコンペティティブなチャンピオンシップだということがわかった。F1やLMP1などで実績を残してきた選手をはじめ、経験豊富ないいドライバーも多いし、彼らとこのレベルで競えることがうれしいよ」


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
今井みどり(いまいみどり)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング