投稿日: 2018.03.10 16:51
更新日: 2018.03.10 16:54

星野一義vs中嶋悟の『永遠のライバル対決』最終ラウンド。星野勝利で日曜に決戦へ


スーパーフォーミュラ | 星野一義vs中嶋悟の『永遠のライバル対決』最終ラウンド。星野勝利で日曜に決戦へ

 3月10日、鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デーのなかで、星野一義と中嶋悟による『永遠のライバル対決』最終ラウンドの第1戦が行われた。レースは星野が“お約束”のフライングを決め優勝を飾り、ふたりの勝敗は、3月11日(日)の最終決戦に持ち越された。

 この星野一義vs中嶋悟の『永遠のライバル対決』は、2012年の鈴鹿サーキット50周年ファン感謝デーで最初に行われたもの。現役時代にはF2等で激しい火花を散らしたふたりが決着をつけよう……と、モータースポーツファン感謝デーを中心にこれまで14回開催されてきたものだ。この対決も、この2018年モータースポーツファン感謝デーが最後となっている。

 これまでふたりの時代のF1マシンや、スーパーフォーミュラSF13、スーパーGT等さまざまなマシンで戦いが展開され、マシントラブルやフライング等数多くの迷シーンを生み出してきた対決だが、迎えるレースを前にして、ふたりの勝敗は中嶋が2勝リード。10日の対決で中嶋が勝利を収めれば、11日の対決を待たず“勝ち逃げ”が決まるレースだが、中嶋は「そりゃあ気を遣いますよ」と先輩を意識する発言も。

 対決を前にして、ふたりはトークを展開したが、今回使用される鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)のマシンであるFC106については、「シーケンシャルって知ってる? シフトレバー横に倒れなくてさ(星野)」「SRSの校長だけど、乗るの2回目なんだよね(中嶋)」と不安いっぱいの声に場内は爆笑に包まれた。

 ただ、全開を誓ってふたりはマシンに乗り込んだ。実況を務めたピエール北川アナウンサーからは「絶対にルールは守ってくださいね!」ときつくお達しが飛んでいたものの、迎えたスタートでは、星野がまさかの大フライング。スタートへのカウントダウン終了を待つことなく、FC106のアクセルを踏み込んだ。

 レースは星野が大きくリードを築くが、慌ててスタートを切った中嶋も「けっこう頑張ったよ。首に来たもの」と怒涛の追い上げをみせていく。ただ最終的には星野が逃げ切り、フィニッシュ直後の“審議”もスタンドの声援でなんとなく終了。星野の勝利が決まった。

「(フライングは)やると思ってたけど、あれほどとは」と中嶋も苦笑い。勝利のために手段を選ばぬ闘将・星野が、これで中嶋との勝ち星を1勝差とした。中嶋が勝利を収め対決を制すのか、星野が連勝を飾り、勝ち星を五分にするのか……!? すべては3月11日の最終レースに持ち越しとなった。

走行を前にトークする星野一義と中嶋悟
グリッドは勝ち星が多い中嶋が前だったが、星野は大フライングで対抗した。
チェッカーを受ける星野一義
この『永遠のライバル対決』で使用されたチャンピオンベルト。中嶋が得るか、ドローとするか注目だ。


本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング