スーパーフォーミュラニュース

2018.03.13

スーパーフォーミュラ:B-MAX Racing Teamのドライバーは千代勝正に決定!


 全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するB-MAX Racing Teamは、2018年のドライバーが千代勝正に決まったと発表した。3月12日の走行後、メディア向けに本山哲監督の口から語られた。

 長年フォーミュラを中心に活動を続けるB-MAX Racing Teamは、2017年から国内最高峰のスーパーフォーミュラに参戦を開始。2年目のシーズンに向け、12月のエンジンメーカー/ルーキードライバーテストでは高星明誠と佐々木大樹が乗り込み、3月11〜12日の公式テストでは、午前はヤン・マーデンボローが、午後は千代が乗り込んでいた。

 そんななか、これまで未定となっていた2018年のドライバーについて、本山監督は走行後集まったメディアを前に「千代に決定しました」とドライバーの名を告げた。

「最終的には組田龍司代表が決定を下しましたが、B-MAX Racing Teamは2017年から参戦して、これから上がっていくべきチーム。現状はクルマが完璧ではない状態ですが、そのなかで将来的に、これからチームととともに進んでいけるドライバーとして選びました」と本山監督は千代選択の理由を語った。

 組田代表、そして本山監督の話によれば、チームとしてゆかりのあるドライバーを12月のテスト、そして今回のテストで均等にチャンスを与え、最終的に本山監督の意見を汲みつつ、組田代表が選択したのが千代だったという。今回のテストでは、前日に行われたモータースポーツファン感謝デーのなかで、本山監督自身が「ベースとしてクルマが大きくおかしいところがないかも見たかった」とマシンをドライブ。同じセットでマーデンボローと千代を走らせ、それぞれの好みに変更させていき、その流れとタイムアップの状況を見ての判断だという。

 12日の午後のセッションが千代にとっては初めてのスーパーフォーミュラ乗車だったが、本山監督は「正直昨年の段階では、千代自身スーパーフォーミュラに乗れるチャンスがあるかは、あまり考えていなかったと思う。そこから、テストができるということに対して本人も努力しただろうし、初めてというのが言い訳にならない今日の走行でも、それなり以上には走ってくれた」と評価した。

スーパーフォーミュラ公式テストでSF初ドライブを果たした千代勝正


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

Ms.Legarsi/2018SGT
美すず(みすず)

Photo Ranking

フォトランキング