投稿日: 2015.08.22 16:52
更新日: 2016.09.14 16:56

SFもてぎ:朝の走行はJP首位。トップ4にトヨタ


スーパーフォーミュラ | SFもてぎ:朝の走行はJP首位。トップ4にトヨタ

 全日本選手権スーパーフォーミュラは22日、第4戦ツインリンクもてぎのフリー走行が午前8時30分より行われ、前戦富士を制したジョアオ-パオロ・デ・オリベイラ(LENOVO TEAM IMPUL)がトップタイムをマークした。

 スーパーフォーミュラの今シーズンも、このもてぎ戦で折り返しとなる。今回のレースからは、トヨタ、ホンダの両陣営後半戦に向けた新型エンジンをが投入しており、このフリー走行は新たなエンジンで臨む初の公式セッションとなった。

 1時間のフリー走行は蒸し暑さはあるものの曇り空のもとでスタート。大きなアクシデントなく推移していったセッションでは、序盤からトヨタ陣営のオリベイラや中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)、アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)などトヨタエンジン勢がタイム上位を牽引していく形となった。

 トップタイムとしては、開始直後の1分35秒台から、序盤15分ほどで1分34秒台前半まで推移。その後、オリベイラが1分33秒976をマーク。オリベイラはセッション折り返しを前に1分33秒834までタイムを伸ばし、トップタイムをキープしていった。

 残り10分を切ると、チェッカーに向けてアタックも行われ始めるが、各車ともトップタイムの更新には至らず。唯一1分33秒台に入れる形となったオリベイラが首位で朝のフリー走行を終えた。チェッカー間際に各セクターを好タイムで回っていった石浦が1分34秒070で2番手に入り、3番手はロッテラー。4番手に一貴が続き、トップ4をトヨタエンジン勢が占めた。


関連のニュース

本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
空陸海ゆきな(くりみゆきな)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング