投稿日: 2015.08.22 17:00
更新日: 2016.09.14 17:04

石浦「Q2でクルマが合ってきた感覚があった」


スーパーフォーミュラ | 石浦「Q2でクルマが合ってきた感覚があった」

 全日本選手権スーパーフォーミュラ第4戦の公式予選でトップ3に入った石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)、野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)の3人が、予選の戦いを振り返った。

●石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING):予選ポールポジション
「今のレギュレーションでは、(フリー走行を)スクラブタイヤで走る人もいれば、1セットのみで走る人もいるので、フリー走行のタイムでは自分がどこのポジションにいるか全然わかりませんでした。タイムの推移やセクタータイムを見ると、フリー走行では2番手でしたが、インパルやトムスに対して、少し負けているのは間違いないという感じでした」

「このままだと予選でやられてしまうと感じたので、予選までにエンジニアといろいろ話し合って、少しセットアップを変更しました。Q1では中古タイヤの時点でトップタイムだったので、そんなに悪くないかなと感じました」

「Q1ではニュータイヤでアタックしてみると6番手で(小林)可夢偉選手がトップタイムだったので、これはまずいと感じましたが、クルマのフィーリングはQ2、Q3に進めば良くなると予想したので、セッティングはあまり触らずに、Q2、Q3に挑みました」

「Q2の時点で少しコンディションとクルマが合ってきた感覚があったので、手応えがありました。Q3でタイムを上げられるというのは岡山の時も同じフィーリングだったので、Q3ではタイムを上げられるとは思いました。もてぎはセクター4つを揃えるのがすごく難しくて、Q2でもセクター4で失敗してしまい、なかなかまとまりませんでしたが、Q3ではまとめることができたので、ミスなく行けて良かったと思います」


関連のニュース

本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
岩波彩華(いわなみさやか)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング