投稿日: 2015.08.23 17:30
更新日: 2016.09.14 17:33

可夢偉「3位は落としたが今季は終わっていない」


スーパーフォーミュラ | 可夢偉「3位は落としたが今季は終わっていない」

 スーパーフォーミュラ第4戦もてぎで、中盤まで3番手を走行しながらピット作業時にタイムロスして後退、最後は最終周にグラベルに捕まってしまい、チェッカーを受けないままレースを終えることとなった小林可夢偉(※17位完走扱い)。初の予選トップ3獲得の土曜日から一転、残念な結末となったが、可夢偉は自身の決勝レースを次のように振り返った。

「最後は、ナレイン(カーティケヤン)選手がヘロヘロになっていて、伊沢(拓也)選手が抜きにいこうとしていたんです。僕はその内側に入って抜こうとして、3台並ぶような状態になったのですが、伊沢選手と接触し、スピンしてしまいました。それで、“亀”になってしまったと。まあでも、ポイントもあまり関係なかったので……」

「(ピットでロスしていなかった場合は)JP.デ・オリベイラ選手の後ろだったかもしれないですが、僕の方がタイヤとしては全然良いという感覚がありましたし、オリベイラ選手も最後は1分37秒台とかで走っていたみたいなので、結果的に抜くことができていたと思います」


関連のニュース

本日のレースクイーン

G/motion ANGEL
朝比奈愛弥(あさひなあや)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング