2017.02.24

【ガスリーInterview3回目】仏、レッドブルの育成プログラムの内情、アレジとの師弟関係


スーパーフォーミュラ | 【ガスリーInterview3回目】仏、レッドブルの育成プログラムの内情、アレジとの師弟関係

 GP2チャンピオンの肩書きを引っさげて、今季スーパーフォーミュラへの参戦を発表したピエール・ガスリー。フランス、そしてレッドブルの育成システム、親友のジュール・ビアンキ、そして師匠となるジャン・アレジなど、自らのルーツを語ったインタビューシリーズの最終回。

 1996年生まれのピエール・ガスリ―は、2月7日に21歳になったばかり。13歳のときに生まれ故郷のルーアンを離れ、FFSA(フランスモータースポーツ連盟)による育成プログラムに参加するため、ル・マンに移り住んだ。

「18歳までの5年間はル・マンに住んで、ル・マンの学校に通った。おかげで勉強とスポーツを両立させることができるようになったし、バカロレア(大学入学資格)試験に通ったのもル・マンだった」

 FFSAのオートスポーツアカデミーは、若い才能を見出し、エリート教育を行い、トップレベルで活躍する選手を生み出すことによってモータースポーツのすそ野を広げることを目標とする。近年、F1に到達したフランス人ドライバーたちは、例外なくこの“アカデミー”の出身で、キャリアの最初の段階で連盟のサポートを受けてきた。

 ガスリ―の場合、少数精鋭の“エキップ・ド・フランス”の一員に選ばれたのはカート時代、13歳のときだった。そこからフランス・フォーミュラ4、フォーミュラ・ルノー2.0とステップアップしてきたが、連盟のシステムではトップカテゴリーに至るまでの道筋が敷かれていたり、大きな資金援助があるわけではない。

ピエール・ガスリー
フランス、レッドブルの育成システムで頭角を現し、自らの進路を切り開いてきたガスリー。

 フォーミュラ・ルノー2.0のタイトルを獲得し、FFSAの紹介によってレッドブルの育成メンバーに加わったのは18歳のとき。そこから1年半はミルトンキーンズに住み、シミュレーターを操縦するためファクトリーに通い、フォーミュラ・ルノー3.5を戦った。

「ミルトンキーンズ……ほんと、何もないところだよね(笑)。フィッシュ・アンド・チップスばっかり食べてると、肥満に直行しそうで」

■レッドブル育成システム内でのドライバーの関係


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

AVEST/2019TAS
野口夏恋(のぐちかれん)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング