スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.04.06 10:55
更新日: 2017.04.06 10:56

「あくまで目標は王座」BMW Team Studieが2017年参戦体制を発表


スーパーGT | 「あくまで目標は王座」BMW Team Studieが2017年参戦体制を発表

 スーパーGT300クラスに参戦するBMW Team Studieは4月6日、東京・有明にあるBMW Group Tokyo Bayで、2017年の参戦体制について発表した。

 2014年からBMWジャパンのサポートを受け、スーパーGTに参戦するBMW Team Studie。2016年からは新たにBMW M6 GT3を投入したが、16年はニューマシン投入初年度ということもあり、トラブルが多発。思うような成績を残すことができなかった。

 そんなBMW Team Studieは、2017年もBMWワークスドライバーのヨルグ・ミューラーと、ル・マン24時間ウイナーの荒聖治という豪華なドライバーラインアップを継続する。

 また、BMWジャパンは今季もコラボレーションパートナーとしてサポートし、BMWモータースポーツからのカラーリングデザインの提供や、車両購入にあたってのBMWジャパン・ファイナンス・サービスからのファイナンス・サービスの提供、技術サポートなど、インポーターとしての包括的なサポートを受け参戦することになる。

 さらに、今季からBMW Team Studieではオフィシャルファンクラブを設立。4月5日から募集が開始され、MINICHAMPS製のミニカーやシュタイフの限定ベア等、多くの特典やミーティング等が開催されるという。

 気になるマシンカラーリングは、岡山、富士と行われた公式テストでは純白のボディにチーム名、ゼッケンのみが記された“暫定カラー”の状態だったが、この日の発表会で2017年版のカラーがお披露目された。

 今季のStudie BMW M6カラーリングは、ホワイトにうっすらとグラフィックがマシン全体に施され、BMW伝統のMストライプが入れられるというもの。これはフランク・ステラによる1976年のBMW 3.0 CSL・アートカーをオマージュしたものだという。また、今季は左右でシュタイフ、サボンのロゴがそれぞれ入れられる。

BMW 3.0 CSL・アートカーをオマージュした2017年仕様Studie BMW M6
BMW 3.0 CSL・アートカーをオマージュした2017年仕様Studie BMW M6
BMW 3.0 CSL・アートカーをオマージュした2017年仕様Studie BMW M6
BMW 3.0 CSL・アートカーをオマージュした2017年仕様Studie BMW M6
BMW 3.0 CSL・アートカーをオマージュした2017年仕様Studie BMW M6
BMW 3.0 CSL・アートカーをオマージュした2017年仕様Studie BMW M6
1976年のBMW 3.0 CSL・アートカー
1976年のBMW 3.0 CSL・アートカー


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

2019 KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング