スーパーGTニュース

2017.11.12

スーパーGT:LEON AMGが優勝も、谷口/片岡組の初音ミク AMGがチャンピオン獲得


シリーズチャンピオンを獲得したグッドスマイル 初音ミク AMGの片岡龍也と谷口信輝

 2017年のスーパーGT最終戦、第8戦の決勝レースが11月12日、栃木県のツインリンクもてぎで行われ、スーパーGT300クラスは黒沢治樹/蒲生尚弥組のLEON CVSTOS AMGが優勝。今季2勝目を飾った。また、3位に谷口信輝/片岡龍也組が入り、チームとして3度目となるシリーズチャンピオンを獲得することとなった。

 激闘の繰り広げられた2017年シーズンを締めくくるにふさわしい好天に恵まれた最終戦は13時37分に火蓋が切られた。

 まず最初にホールショットを奪ったのはポールポジションスタートのグッドスマイル 初音ミク AMG。これに2番手スタートのARTA BMW M6 GT3、VivaC 86 MC、GAINER TANAX AMG GT3、D’station Porscheが続いていく。LEON AMGは6番手にポジションを落としたものの、上位陣から離れずに周回を重ねていく。

 上位陣の各車はタイトルがかかっていることもあり、序盤戦は落ち着いた展開。しかし、そのなかでも初音ミクAMGのラップタイムは安定して速く、8周目には2番手ARTA BMWに5秒の差をつけることとなった。

 早くもひとり旅の様相を見せる首位争いとは裏腹に、4番手争いが激化。GT500クラスに周回遅れにされる際には若干陣形がバラけるものの、ふたたびGAINER AMGとD’station Porscheが急接近することに。

 オーバーテイクの機会をうかがうD’station Porscheは、12周目のV字コーナーでアタック。アウトから並んでコーナーに突入するものの、イン側のGAINER AMGがタッチしながらポジションを死守。その後もテール・トゥ・ノーズの戦いが続いた。

 15周目を迎えると、先頭の初音ミクAMGのピットが動きを見せ、翌16周目にピットインし、給油とドライバー交代、そしてタイヤ4輪交換を実施する。その動きに呼応するかのようにD’station Porscheもピットイン。

 41秒4のタイムで作業を終えたグッドスマイル 初音ミク AMGだが、気がつけば直後にD’station Porscheの姿が。D’station Porscheはリヤタイヤ2本交換作戦でタイムを詰めることに成功していた。タイヤが温まっていることもあり、コースイン直後に初音ミク AMGをオーバーテイクする。

 翌17周目、VivaC 86がピットイン。タイヤ無交換作戦を敢行し、D’station Porscheと初音ミクAMGの前に出ることに成功。事実上のトップ争いがここから白熱することとなった。

 VivaC 86とD’station Porsche、初音ミク AMGは超接近戦となり、18周目、D’station Porscheが90度コーナーでVivaC 86をオーバーテイク。このまま勢いに乗りポジション争いを有利に進めるかと思われたが、翌19周目にD’station Porscheはまさかのスローダウン。タイヤトラブルが起きたようで、緊急ピットインを行いタイヤを交換して、ふたたびコースに復帰したものの、上位争いからは大きく遅れてしまった。

 これにより、タイヤ2本交換のVivaC 86と4輪すべてのタイヤを交換した初音ミク AMGの一騎打ちになると思われたこの争いに、若干遅れてピットインしたLEON AMGが加わることとなった。LEON AMGは、フロント2本のタイヤ交換作戦を選択。ピットのロスタイムを縮めていたのだ。

 LEON AMGがピットアウトすると、VivaC 86と初音ミク AMGの間に入り込むことに。ふたたび3台によって事実上の上位争いが繰り広げられた。

2017スーパーGT第8戦もてぎ GT300クラス決勝スタート
2017スーパーGT第8戦もてぎ GT300クラス決勝スタート
VivaC 86 MC
VivaC 86 MC


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

LEON RACING LADY/2018SGT
南真琴(みなみまこと)

Photo Ranking

フォトランキング