スーパーGT ニュース

2018.03.26

ジェンソン・バトン、小林可夢偉が本格デビュー。2018年スーパーGT第1戦岡山のエントリー発表


スーパーGT | ジェンソン・バトン、小林可夢偉が本格デビュー。2018年スーパーGT第1戦岡山のエントリー発表

 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは3月26日、岡山国際サーキットで4月7~8日に開催する2018年シーズン第1戦のエントリーリストを発表した。

 岡山と富士スピードウェイで行われた2度の公式テストを経て、ついに2018年シーズンが開幕するスーパーGT。第1戦には両クラス合計で44台が名を連ねた。

 レクサス、ホンダ、ニッサンがしのぎを削っているスーパーGT500クラスには15台がエントリー。ドライバーラインアップやエントリー車両名などは各陣営から発表されている体制から変更はない。

 2017年はレクサスLC500が圧倒的な強さを誇ったGT500クラスだが、これまでのテストなどではホンダNSX-GT、ニッサンGT-Rも速さを増しており、3車のパフォーマンスは拮抗。今シーズンは昨年よりもさらに激しいバトルが繰り広げられそうだ。

スーパーGT開幕直前の岡山テストに参加したRAYBRIG NSX-GTのジェンソン・バトン

 ドライバー面では、今年からスーパーGT本格デビューを果たす小林可夢偉とジェンソン・バトン、“ルーキードライバー”のフェリックス・ローゼンクビストが、並み居る強豪やスーパーGT特有の混走レースをどう攻略していくのかが注目どころだろう。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

2019 B-Max Racing Lady
月中秋実(つきなかあきみ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング