スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.04.08 18:36
更新日: 2018.04.08 21:28

GT500ホンダ時代到来か。同士争いを制したKEIHINが開幕V、山本&バトン組が2位表彰台を獲得


スーパーGT | GT500ホンダ時代到来か。同士争いを制したKEIHINが開幕V、山本&バトン組が2位表彰台を獲得

 いよいよ2018年シーズンの開幕を迎えたスーパーGTは、4月8日に岡山国際サーキットで決勝レースが行われ、GT500は予選ポールポジションを獲得したKEIHIN NSX-GTが一度は首位を奪われながら逆転でトップを奪い返し、2018年型NSX-GTのパフォーマンスを証明する今季初勝利を飾った。

 決勝日のサーキット周辺は朝から例年以上に用意された場外駐車場に長い車列が続き、グランドスタンドはもとより国内でもっとも”マシンに近い”コースサイドで観戦場所を確保すべく午前からフェンス際がすべて埋まるほど、今年の開幕戦にも多くのファンが詰めかけた。

 午前は快晴だったサーキット上空は、前日までと同様に正午をまたいで行われたポルシェ・カレラ・カップ・ジャパン(PCCJ)の決勝中にまとまった降雨があり、PCCJのレースは混乱。スーパーGT決勝に向けても天候の急変が危ぶまれる中、12時45分のオープニングセレモニーまでには晴れ間がのぞくなど状況が回復し、ウォームアップ走行からのスタート進行を迎えた。

 前日土曜の予選ではQ2セッションが雨に祟られたこともあり、その難コンディションを味方につけたNSX-GT勢がフロントロウを独占。10分間に短縮されたセッションでミッドシップの利点を活かしてウエットタイヤのパフォーマンスを引き出したKEIHIN NSX-GTがポールポジションを獲得し、その背後にARTA NSX-GTが控える構図。同じくNSX-GTをドライブして今季から山本尚貴のチームメイトとしてスーパーGTフル参戦を開始した元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンが乗るRAYBRIG NSX-GTは5番手でスタートドライバーを務めることとなった。

 そのNSX勢に対し、3番手グリッドを獲得してGT-R復権を期すCRAFTSPORT MOTUL GT-Rや、予選上位グリッドが優位と言われる岡山でライバル以上にタイヤのウォームアップに悩んだレクサス陣営がどこまで巻き返せるかが焦点となった。

 気温11度、路面温度22度、午後の日差しが戻ってくる中でまずは白バイ先導のパレードラップがスタート。今季からフォーメーションに入るホームストレート上で車列は一旦ストップし、マシンは自己グリッド上を通過して隊列が整ったところからフォーメーションへと入る新たなスポーティングレギュレーションが適用された。

 そして迎えたスタートはポールからKEIHIN NSX-GTがホールショットを決めたものの、大外からフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R、内側からMOTUL AUTECH GT-Rと、2台のGT-Rが驚異的なスタートを決めて1コーナーへ。第2コーナーとなるウイリアムズを立ち上がりアトウッドへの進入までには、8番グリッドスタートのMOTUL GT-Rがなんと2番手に浮上してみせる。

 10周目を過ぎGT300首位争いに早くも追いついたGT500先頭集団は、これがデビュー戦となるWAKO’S 4CR LC500のルーキー、フェリックス・ローゼンクビスト、そしてバトンがGT300のバックマーカー処理に手こずり、うまく呼吸を合わせることができすそろってポジションダウン。開幕早々に、2クラス混走スーパーGTの洗礼を浴びる格好に。その後も中団では各所で接触が発生する中、タイヤのウォームアップなった昨季王者のKeePer TOM’S LC500が反撃を開始。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

ダンロップ
生田ちむ(いくたちむ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング