スーパーGTニュース

2018.04.17

スーパーGT鈴鹿公式テスト:2日目午後もRAYBRIG首位。総合トップタイムに手ごたえ


スーパーGT | スーパーGT鈴鹿公式テスト:2日目午後もRAYBRIG首位。総合トップタイムに手ごたえ

 4月17日、鈴鹿サーキットでスーパーGT公式テストの2日目午後のセッション4が行われ、ウエットコンディションのなか、GT500クラスでは山本尚貴がドライブしたRAYBRIG NSX-GTがトップタイムをマーク。4セッション中3セッションで首位となった。ARTA NSX-GT、KEIHIN NSX-GTが続きホンダNSX-GT勢がトップ3を独占。GT300クラスはK-tunes RC F GT3がトップタイム。LEON CVSTOS AMGが続き、ブリヂストン勢がトップ2に。HOPPY 86 MCが3番手となった。

 午前のセッション3が終了した後、事前の天気予報どおり雨が降り出した鈴鹿サーキット。13時30分からスタートしたセッション4は完全にウエットコンディションとなったが、そんななか冒頭の10分間はセーフティカー訓練が行われ、その後各車が周回を重ねていくことになった。

 ただ、序盤こそ少しずつ雨が弱まったものの、セッション途中からふたたび雨が強まり、GT300を中心に走行を終了し撤収作業に入るチームも多く見られた。なお、このセッションでは午前の走行中にパーツのダメージがあったD’station Porscheが大事をとって走行を見合わせている。

 GT500クラスでは、セーフティカー訓練のみジェンソン・バトンがドライブし、その後山本尚貴に交代して周回を重ねたRAYBRIG NSX-GTが1分53秒565をマークし、3セッションでトップタイムをマーク。2日目の総合では午前にバトンが記録した1分46秒672が、2日間の総合でもバトンの1分45秒787がトップとなった。

「午後はタイヤテストをメインに行いましたが、いいものが見つかりました。ウエット路面はタイミングによって異なりますが、自分がもしライバルの立場だったらイヤなタイムを記録することができたので、そういう“攻撃”をできたのは良かったです」と山本。

ARTA NSX-GT
KEIHIN NSX-GT
ZENT CERUMO LC500
カルソニックIMPUL GT-R


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

シンリョウレーシングRQ
近藤みき(こんどうみき)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング