スーパーGT ニュース

2018.05.21

GT300決勝《あと読み》:グッドスマイル 初音ミク AMGの勝負が生んだ上位陣それぞれのドラマ。だからGT300はおもしろい


スーパーGT | GT300決勝《あと読み》:グッドスマイル 初音ミク AMGの勝負が生んだ上位陣それぞれのドラマ。だからGT300はおもしろい

「おもしろいレースだったよね」

 スーパーGT第3戦鈴鹿の決勝レース後、さまざまなGT300関係者に話を聞くと、1台の関係者をのぞきこんな声が返ってきた。優勝を飾ったK-tunes RC F GT3の速さはもちろんだが、最大で7台もの争いになった終盤の2番手争いがレースを大いに盛り上げた。そのドラマを作り出したのは、タイヤ無交換作戦を採ったグッドスマイル 初音ミク AMGと谷口信輝だ。

 レースは序盤、K-tunes RC F GT3が逃げ、これをグッドスマイル 初音ミク AMG、SUBARU BRZ R&D SPORTが追う展開となった。一方、予選2番手からスタートしたHOPPY 86 MCは、1周目に4台に先行されている。これはやはりタイヤ無交換作戦か……!? と思われた瞬間だった。

 鈴鹿サーキットはタイヤへの入力が大きく、タイヤ無交換ができるのかどうかは事前の注目ポイントのひとつと言えた。HOPPY 86 MCの土屋武士監督も「いちおうメディアには昨日までは言わなかったけど」と、事前にほぼ無交換作戦を採ることを決めていたという。これは同じGT300マザーシャシーのUPGARAGE 86 MCも同様だった。

 レースが転機を迎えたのは、GT500クラスのDENSO KOBELCO SARD LC500がストップし、セーフティカーが入ったこと。ここで上位の間隔はグッと詰まる。これをうまく利用したのがUPGARAGE 86 MCだった。それまで9番手を走っていたが、SC明けにすぐさまピットイン。同じくピットに入ったHOPPY 86 MCが10秒ほどタイムロスしたこともあり、先行することに成功する。

「チームが素晴らしい作業をしてくれたおかげです」とUPGARAGE 86 MCの中山友貴と小林崇志のふたりは口を揃えた。アウトラップで小林はペースを上げ、タイヤを守りながら快調なラップを刻みはじめていた。優勝を飾った開幕戦岡山と同様に。

■「やるしかなかった」グッドスマイル 初音ミク AMGの無交換作戦


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
中村比菜(なかむらひな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング