スーパーGTニュース

2018.09.11

JLOC 2018鈴鹿10時間 レースレポート


公式予選

日付:2018年8月25日(土)
天候:晴
予選結果:87号車 28位、88号車 15位

新レースフォーマットを理解しつつの予選日。明日への挽回を誓う

 鈴鹿1000kmから、インターコンチネンタルGTチャレンジの第3戦として、鈴鹿10時間耐久レースGT世界戦となった今夏。2017年のダブル表彰台再現を胸にサーキットへ。

 練習走行日は台風の影響で走行が限られたりもしたなかで、予選日は晴天に恵まれ観戦に来て下さっているファンの方々にも良いコンディションとなった。

 予選フォーマットもスーパーGTとは異なり、3名のドライバータイム合算がQ1、その後上位20台がQ2(ポールシュートアウト)で競い合う形式に。

 88号車はQ1を突破し、Q2で15位となり。87号車は元嶋選手が3番手のタイムを記録するも総合順位では28番手で予選を終えた。

■87号車 エンジニア Seiji Hirai コメント
「3名のタイムで順位が決定される予選。元嶋選手が2分03秒2、高橋選手が2分04秒3、飯田選手が2分08秒2を合算、予選28番手で終了した。満足のいく順位ではないが、中古タイヤで頑張ってくれた飯田選手のおかげで、決勝レースでの戦略の幅が広がったので、長いレースを上手くまとめて上位進出を目指したい」

■87号車 Yuya Motojima コメント
「フリープラクティスからいつもと違うタイヤに苦労して、ニュータイヤでも上位に少し差をつけられていたが、予選では、エンジニアの平井さんのおかげですごく乗りやすいマシンに仕上がっていた。予選ではベストラップの時にクリアラップを取れなかったので、結果に期待はしていなかったが、ドライバー1の中で3位という結果に驚いた」

■87号車 Tsubasa Takahashi コメント
「気持ちだけが先走ってしまった予選アタックだった。前日のうちからタイヤの特性をもっと理解する必要があったと思う。決勝は長いので焦らず順位を上げていきたいと思う」

■87号車 Iida Taiyo コメント
「決勝レースを見据え、中古タイヤでのアタックとなった。しかし、気温も路面温度も高くなり、タイヤのパフォーマンスが思った以上に悪く、タイムが伸びなかった」

88号車ランボルギーニ・ウラカンGT3
88号車ランボルギーニ・ウラカンGT3

■88号車 エンジニア Masafumi Katsumata コメント
「予選は平峰選手、マルコ選手、アンドレア選手の順にアタックしたが、シフトトラブルの為、思うようなアタックができず、下位に沈んだ。ポールシュートアウトはアンドレア選手が担当、2分02秒886で15位」

■88号車 Andrea Caldarelli コメント
「予選は我々に難しい物となり、ポールシュート予選で15位となる。9位までが接戦のタイムだったが、最大限の努力をした。自身にとっては全開でプッシュできて満足のいく1周となった」

■88号車 Kazuki Hiramine コメント
「3人のドライバー予選の中で、1番目を担当。クルマ的には問題なかったが、ピットアウトした場所が悪く、他車が多い場所の一番後ろに出てしまった。何とかスペースを見つけようと、頑張ったけど最終コーナーで思いっきり引っかかってしまった。悔しい結果だが、これもレース。ポールシュートアウトではアンドレア選手がアタックで15番手。決勝の追い上げが必要となった」

■88号車 Marco Mapelli コメント
「前方の競合達が速かったにも関わらず、10位以内で予選を終えることができた。強いオーバーステアに悩まされていたので、ドライバー3人目の予選に向けてセットを変更した」


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

D-LOVEits/2018D1GP
NRK the Hedgehog(のりこざへっじほっぐ)

Photo Ranking

フォトランキング