スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.09.16 18:00
更新日: 2018.09.16 22:07

スーパーGT:スバルBRZが2018年の苦戦払拭するポール・トゥ・ウィン。3位争いは0.057秒差の死闘


スーパーGT | スーパーGT:スバルBRZが2018年の苦戦払拭するポール・トゥ・ウィン。3位争いは0.057秒差の死闘

 2018年のスーパーGTは9月16日、スポーツランドSUGOで第6戦の決勝レースが行われ、スーパーGT300クラスはSUBARU BRZ R&D SPORTがポール・トゥ・ウィンで2018年初優勝を達成。また、3位争いはわずか0.057秒差の激戦となった。

 15日(土)とは一転、朝から青空が広がったSUGOの決勝日。この影響で気温も上昇し汗ばむような陽気となった。

 81周の決勝レースは定刻の14時にスタート。ポールポジションのSUBARU BRZ R&D SPORTを先頭にレースは幕を開けた。なお、クラス26番手スタートだった30号車TOYOTA PRIUS apr GTはピットスタートを選択している。

 オープニングラップではHOPPY 86 MCとGULF NAC PORSCHE 911による2位争いが白熱。1~2コーナーではHOPPY 86の坪井翔がポジションを守ったが、バックストレートでGULF NAC PORSCHE 911の石川京侍が攻略に成功。

 坪井はその後、最終コーナーの立ち上がりでGAINER TANAX triple a GT-Rにもオーバーテイクを許し、1周目でふたつポジションを落としてしまう。

 その後はHOPPY 86を交わしたGULF NAC PORSCHE 911とGAINER TANAX triple a GT-Rによる2位争いが白熱した一方、首位のスバルBRZは逃げの体勢に。12周を消化した時点で早くも8秒ものギャップを築いてみせた。

 ポルシェとGT-Rによる2位争いはGAINER TANAX triple a GT-Rがオーバーテイクに成功して勝負あり。一方交わされたGULF NAC PORSCHE 911はペースが上がらず、12周目にはHitotsuyama Audi R8 LMSにも交わされ4番手に交代している。

 首位のスバルBRZが16周目に入ったころ、3番手を走行していたHitotsuyama Audi R8 LMSがピットイン。左リヤタイヤにパンクが起きたための緊急ピットインで、タイヤ交換と給油を行いコースに復帰したが、パンク時にインナーフェンダーを傷めており、それがアウトラップでタイヤに干渉してしまう。再度ピットへ戻るとガレージにマシンを入れての作業が行われた。

 23周目、LEON CVSTOS AMGとレース序盤に追突されスピンしたUPGARAGE 86 MCがピットイン。翌周にはARTA BMW M6 GT3など、GT300クラスはぞくぞくとルーティンのピットインを行っている。

 また24周目には予選4番手だったマッハ車検 MC86 Y’s distractionがピットに戻ると、そのままガレージへ入ってしまい、戦線離脱を余儀なくされた。

 トップを走るスバルBRZの山内英輝は30周を終えたタイミングでピットイン。タイヤ交換と給油、ドライバー交代を43.3秒で終えてコースへ戻っていった。

■レース残り10周でセーフティカー導入。3位争いはスリーワイドの三つどもえ


本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
橘香恋(たちばなかれん)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング