スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.05.03 16:45
更新日: 2019.05.03 16:49

近藤真彦率いるKONDO RACING、GT300参戦2戦目でポール。平峰がレコードに迫る走り【第2戦富士GT300予選】


スーパーGT | 近藤真彦率いるKONDO RACING、GT300参戦2戦目でポール。平峰がレコードに迫る走り【第2戦富士GT300予選】

 5月3日に行われた2019年のスーパーGT第2戦富士の公式予選。スーパーGT GT300クラスは、今季から同クラスへ参戦しているKONDO RACINGの56号車、リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが参戦2戦目でポールポジションを獲得した。予選Q2アタッカーを務めた平峰一貴はキャリア2度目のスーパーGTポールポジションとなった。

 岡山国際サーキットを舞台に争われた開幕戦でライバル陣営をリードするパフォーマンスをみせたブリヂストン勢は、この富士でも好調。午前中に行われた公式練習ではARTA NSX GT3が最速タイムを記録した。

 その公式練習では、ダンロップタイヤを履くGAINER TANAX GT-R、SUBARU BRZ R&D SPORTが2~3番手、ヨコハマタイヤユーザーのシンティアム・アップル・ロータス、グッドスマイル 初音ミク AMGが、その後方に続き、ARTA NSX GT3をドライブする高木真一の持つGT300通算最多ポールポジション獲得を阻止できるかに焦点が集まった。

 雨続きだった10連休のゴールデンウイークから一転、富士スピードウェイは午前から快晴が続く絶好のレース日和。ドライ路面の好コンディションのもとで、14時30分からの15分間でGT300にエントリーする全29台のQ1ノックアウト予選が始まった。

■Q1:加藤寛規操るシンティアム・アップル・ロータスが最速。McLaren 720Sはタイム抹消でQ1進出ならず

 各車アウトラップから入念なウォームアップを進めると、計測2周目でHitotsuyama Audi R8 LMSが1分37秒811で首位へ。その後、車列後方からコースインした片岡龍也の初音ミク AMGが最初の計測周回で早くも1分39秒台をマークして2番手に上がってくる。

 そして注目の55号車、ARTA NSX GT3のアタッカーを務めた福住仁嶺は、計測2周目、3周目と順調にタイムを上げ5番手を記録し、Q2に控える先輩・高木へのお膳立てを整えていく。

 Q1残り5分を切ったところで、午前も好調さを見せた加藤寛規のシンティアム・ロータスが1分36秒566で首位浮上に成功すると、早々にアタックを切り上げピットへと向かう。

 同じくマザーシャシーの25号車、HOPPY 86 MCの佐藤公哉も5周目に1分36秒724の2番時計を刻み、開幕の汚名返上というところでマシンをピットロードへと向けると、その直後、こちらもセッション開始時間から遅れてコースインし、ウォームアップ時間を短くとったリアライズGT-Rのサッシャ・フェネストラズが最初のアタックでいきなり2番手に飛び込み、ヨコハマタイヤを履くGT3マシンのなかでトップにおどり出る。

 残り時間1分を切ると、Q1通過のカットラインとなる16番手に開幕勝者の96号車、K-tunes RC F GT3がつけた一方で、同じくブリヂストンユーザーの埼玉トヨペットGB マークX MCは各セクターともQ1突破可能なタイムで最後のアタックを続けたものの、コントロールライン通過時点で自己ベストタイムは更新できず18番手。Q2進出を逃す結果となった。

 Q1はシンティアム・ロータス、リアライズ GT-R、HOPPY 86のトップ3に加え、ARTA NSX GT3の福住も6番手で順当にQ2へ。

 一方、9番手タイムを記録していたMcLaren 720Sのアレックス・パロウは、トラックリミット違反がありベストタイム抹消。セカンドベストタイムで18番手に降格となり、代わってGAINER TANAX GT-RがQ2進出を果たした。

■Q2:リアライズ GT-Rの平峰が一閃。コースレコードに迫るタイムでチーム初ポール


本日のレースクイーン

TOYO TIRES
水口みか(みずぐちみか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング