スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.06.28 21:19
更新日: 2019.06.28 22:22

エンジン交換にモノコック空輸、詰まったポイント差と厳しい1基目のエンジン戦争【スーパーGT第4戦タイGT500事前情報】


スーパーGT | エンジン交換にモノコック空輸、詰まったポイント差と厳しい1基目のエンジン戦争【スーパーGT第4戦タイGT500事前情報】

 スーパーGT、2019年シーズンの折り返しにあたる第4戦タイ。今週末のタイでの戦いは、差が詰まったチャンピオン争いに向けてどのチームも取りこぼしのできない、重要な一戦になる。金曜日の搬入日の現地の取材から、GT500クラスの戦いのポイントを探った。

 まずは事前情報として、今回は第3戦鈴鹿でアクシデントに遭ってしまった2台の近況から。#12のカルソニック IMPUL GT-Rは接触によってラジエターの水が漏れ、エンジンブローしてしまったため、このタイにはニューエンジンで臨むことになった。ただ、スペック2というよりも、スペック1の改良型となるようだ。

 また、第3戦鈴鹿の最終コーナーでイン側のガードレールにクラッシュしてフロント部が大破してしまった#17KEIHIN NSX-GTは、一時はモノコック交換確実とまで言われる損傷ぶりだったが、その後のチェックで交換には至らず、修復することができたという。ただ、モノコックのチェック、そして修復に約1週間掛かったため、船便には間に合わず、空輸でこのタイにマシンを持ち込むことになった。KEIHINの金石勝智監督が話す。

「船便には全然、間に合いませんでしたが、1週間くらいで修復してメカニックが頑張ってくれましたので、空輸でなんとか間に合いました」と金石監督。

「今年はこれまでなんとなくチャンスがある位置にいるんですけど、最後のひと噛みが噛み合わない展開がずっと続いている。タイは毎年、ケーヒンさんの大応援団が来てくれるので、鈴鹿からここまでチームとして苦労した分、いろいろな意味でも優勝したいという気持ちがあります」と、今週末への意気込みを語った。

 今週末のタイのGT500の優勝候補としては、前述のカルソニック(ウエイトハンデ/WH13kg)、そしてKEIHIN(WH13kg)、さらにはウエイトハンデとこれまでのタイでの実績を考慮すると、昨年だけでなく、2016年から3年連続で2位表彰台を獲得している大嶋和也のWAKO’S 4CR LC500(WH28kg)が優勝候補に挙げられる。チーム・ルマンにとっても久しく優勝から遠ざかっているだけに、今週末のタイ戦では悲願の優勝に向けて大きなチャンス到来となる。

 また、WAKO’Sと同じWH28kgのDENSO KOBELCO SARD LC500、そしてWH22kgの王者RAYBRIG NSX-GTの名前が挙げられ、そこにタイのコンディションを得意とするヨコハマタイヤ陣営が挙げられる。MOTUL MUGEN NSX-GTの武藤英紀が話す。

「今年は結果を残せそうで残せていないですけど、クルマも軽いのでアドバンテージはあると思っています。もともとこのタイを得意としているパッケージだと思いますし、自分も相性がいいと思っているので流れはいいんじゃないかと思います」

スーパーGT第4戦タイ 金曜日
エンジン交換して臨むカルソニック IMPUL GT-R

スーパーGT第4戦タイ 金曜日
第3戦鈴鹿のクラッシュでモノコックを修復して臨むKEIHIN NSX-GT
スーパーGT第4戦タイ 金曜日
MOTUL MUGEN NSX-GT

■年間2基で厳しいGT500エンジン戦争。1基目ラストのタイでどこまでパフォーマンスを発揮できるか


本日のレースクイーン

RAYBRIGレースクイーン
相沢菜々子(あいざわななこ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング