スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.06.30 20:57

スーパーGT第4戦タイ:GT300は2台のGT-Rが激闘。最終周にKONDO Racing交わした10号車GAINERが勝利


スーパーGT | スーパーGT第4戦タイ:GT300は2台のGT-Rが激闘。最終周にKONDO Racing交わした10号車GAINERが勝利

 2019年のスーパーGTは6月30日、タイ・ブリーラムのチャン・インターナショナル・サーキットで第4戦決勝が行われ、スーパーGT GT300クラスではファイナルラップに逆転したGAINER TANAX triple a GT-Rが優勝を飾った。

 HOPPY 86 MCのコースレコード更新によるポールポジション獲得となったGT300の予選。一夜明けた決勝日のタイ・ブリーラムは早朝こそ雲が多い天候だったものの、レース開始時刻の15時(日本時間17時)が近づくにつれて雲も少なくなり気温も上昇。レース開始時点で気温32度、路面温度48度まで上昇した。

 66周の決勝は、セーフティカー先導のフォーメーションラップを経てスタート。GT300はポールシッターのHOPPY 86を先頭に1コーナーをクリアしていく。

2019年スーパーGT第4戦タイ GT300決勝スタートの場面
2019年スーパーGT第4戦タイ GT300決勝スタートの場面

 しかし、3コーナーまでのストレート区間で、パワーで勝るFIA-GT3カーのリアライズ 日産自動車大学校 GT-RがHOPPY 86をなんなく交わしてトップに浮上する。

 首位に上がったリアライズGT-Rは4周を消化した時点で、2番手HOPPY 86に対し3.956秒のリードを築いて早くも独走体勢を築き始める。一方、3番手スタートのD’station Vantage GT3はリアライズGT-Rに6秒差と、やや離されてしまう。

 首位を快走するリアライズGT-Rのサッシャ・フェネストラズは1分34秒前半のタイムで周回を重ねて、さらにリードを拡大。10周終了時点で2番手に対するリードを6.481秒まで広げてみせる。

レース序盤に三つどもえとなった2位争い
レース序盤に三つどもえとなった2位争い

 2番手を走っていたHOPPY 86には、ペースを上げてきた3番手のD’station Vantageが迫ると、11周目には約1秒差、翌周にはテール・トゥ・ノーズの状態に持ち込まれてしまう。さらに、その後方からはGAINER TANAX triple a GT-Rも迫り、2位争いは三つどもえの様相を呈していった。

 D’station Vantageをドライブするジョアオ・パオロ・デ・オリベイラは、数周に渡り、3コーナーのヘアピンでHOPPY 86佐藤公威のインをうかがったがオーバーテイクには届かない。

 そして16周目、オリベイラは3コーナー立ち上がりで佐藤のインを狙うと、左カーブの4コーナー飛び込みで交わし、クラス2番手にポジションを上げた。

 D’station Vantageに交わされたHOPPY 86は、直後にGAINER TANAX triple a GT-R、GAINER TANAX GT-Rと2台のGT-Rに先行を許し、5番手まで後退している。

 また、このタイミングで6番手を走っていたLEON PYRAMID AMGがピットイン。タイヤ二輪を交換してピットアウトしている。

 上位陣では4番手のGAINER TANAX GT-Rが22周目、3番手のGAINER TANAX triple a GT-Rが24周目に相次いでピットに向かい、ドライバー交代を実施。これで暫定3番手まで浮上したHOPPY 86も27周目終わりでピットインすると、暫定14番手でコースへ復帰している。

■セーフティカー導入で消えたギャップ。終盤はGT-R同士の一騎打ちに


関連のニュース

本日のレースクイーン

Yogibo Racing Girls
青木もも(あおきもも)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング