スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.12.05 11:45
更新日: 2019.12.05 16:00

レース中継に欠かせないピットレポーターとプロデューサーが話す中継の難しさ【サーキットのお仕事紹介】


スーパーGT | レース中継に欠かせないピットレポーターとプロデューサーが話す中継の難しさ【サーキットのお仕事紹介】

 ドライバーやメカニック、チーム関係者をはじめ、さまざまな職種の人たちが携わっているモータースポーツの世界。ドライバーなど、目につきやすい職種以外にも、陽の目を浴びない裏方としてモータースポーツを支えている人たちが大勢いる。そこで、この連載ではレース界の仕事にスポットを当て、その業務内容や、やりがいを紹介していく。

 第7回目はモータースポーツのテレビ中継に欠かせないピットレポーターに注目。スーパーGTオフィシャルピットレポーターとして、セッション中にピットを駆け巡り、映像だけではわからないチームやマシンの情報を届ける役割を、2019年シーズンより担う竹内紫麻さんに話を聞いた。

※ ※ ※ ※ ※ ※ 

 モータースポーツのレース中継は、実況席で実況や解説を務める方、ピット内でレポーターとして活動する方をはじめ、中継に映る仕事や裏方も含めた様々なスタッフの働きにより番組が進行している。

 そのなかで、スーパーGTの中継にもピットレポーターが置かれ、J SPORTSの中継に今シーズンから竹内紫麻さんがオフィシャルピットレポーターに就任。まずはピットレポーターの役割について尋ねた。

「ピットで予選や決勝レース中に(チーム関係者に)インタビューをします。実況席に呼びかけて、ピット作業やタイヤ交換など、ピットでしかわからない出来事を伝えるお仕事です」

「(セッション以外では)ピットで関係者にお話を伺い、自分で取材をしています。メディアセンターにも行き情報を集め、インタビューに向けてどういうことを聞くか、どこがポイントになるかを自分なりにまとめています」

ピットレポーターの役割を話す竹内紫麻さん
ピットレポーターの役割を話す竹内紫麻さん

 ほかに、竹内さんは『GTV2019 ~SUPER GT トークバラエティ~』で番組アシスタントを務めている。現在は、フリーアナウンサーやキャスターとしても活躍しており「(スポーツの)生中継はスーパーGTが初めてですが、中継以外だと競馬のレポーターをしていて、レース前のトレーニングセンターの練習の模様をレポートする仕事をしたことがあります。競馬以外にもKuroOviという番組など、スポーツ番組は何度か経験しています」と語った。

 そもそもピットレポーターを務めるには、レースの知識や専門用語などを理解しておく必要があるが、2019年シーズンの開幕戦で初めてサーキットに足を踏み入れたという竹内さんは、どのように仕事に慣れていったのだろうか。


本日のレースクイーン

MOTUL Circuit Lady
井澤萌夏(いざわもえか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング