スーパーGT ニュース

2017.02.23

2017年からスーパーGTの“シード権”の仕組みが変更。最大参加総台数は48台に


スーパーGT | 2017年からスーパーGTの“シード権”の仕組みが変更。最大参加総台数は48台に

 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは2月22日、メディア向けに2017年版のスポーティングレギュレーション(SpR)を公開した。このなかで、2017年から『公式登録基準』というものが設けられており、参加総台数、Aシード、Bシードといった新たな設定がなされている。少々難解な項目ではあるが、レギュレーションからどんなものになるか読み解いてみよう。

■増え続けるスーパーGTの参加台数。参戦チームにシードを設定

 日本国内で最も観客動員を集めるスーパーGTは、近年国外からも注目が高まっており、海外チームの参戦なども増えている。一方で、コースによっては参加可能な上限台数を超えるケースもあり、参加に向けての調整が必要になることは、近年GTアソシエイションの坂東正明代表もしばしば発言を残していた。

 すでに2016年中から、各チームに対し「2017年はランキングによるシードが設定される」という情報が出ており、とくにGT300クラスのランキング下位だったチームは、その対策のためにドライバーを起用するなどしていた。スーパーGTでは、16年までも『シード』という言葉はあったが、今季から導入されるものは、これまでの「前年のランキング上位15台までは決勝レース出場保証」とは異なるものだ。

■決勝出場を保証。Aシード&インターナショナルチーム

 まず、SpR内の『公式登録基準』に定められているのは、『2017年本シリーズに参加できる総台数は次の48台であり、当該チームのみが公式登録申請を行うことができる』というもの。これまでは各サーキットごとには最大出走可能数が定められていたが、シリーズとして最大数が定められたのは初めてのことだ。なお、サーキットごとの最大出走可能数は別途ブルテンで公示される。

 上記の『次の48台』に定められるのは、6パターンある。ひとつずつ見ていこう。

(1)Aシード権チーム
クラスI(GT500)全チーム
2016年度クラスII(GT300)チームポイントランキング18位まで

 こちらはシンプル。GT500クラスの参戦全車(2017年で言えば15台予定)と、GT300クラスの2016年ランキング18位までが該当する。今後例えばGT500の台数が増えたり減ったりした場合、この数字は変動する可能性がある。

(2)インターナショナルチーム
GTA/GTE(GTエントラント協会)がチーム体制やスポンサー状況等、諸条件を総合して認めたクラスII(GT300)車両
2チームまで

 インターナショナルチームは、その名のとおり海外からのGT300エントラントに向けた枠。2017年は1チームの参戦があるとされており、2チームには満たない。

 上記のAシード権チームと、インターナショナルチームは、すべての提出書類が完備され、車両
検査による安全性が確認されているかぎり、決勝レースへの出場権が保証される。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1 レースクイーン2019
佐崎愛里(ささきあいり)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング