MotoGPニュース

2017.06.19

MotoGP:レディング、プラマックに残留希望も自身に決定権はないと語る


 スコット・レディングは、一番の希望は2018年もプラマックレーシングに残ることだが、決定権は自分の意志の及ばないところにあると認めている。


関連のニュース