クルマニュース

2018.04.26

【ブログ】モビリタのドライビング体験レッスンを受けてきたら、安全用システムの偉大さを思い知らされた


 日常生活でクルマを使用しているオートスポーツwebライターのアカネが、自身のドライビングスキル向上を目指して、モビリタでの体験レッスンに挑戦。ABSやVSCといった電子制御デバイスの恩恵を痛感したというルポを、ごゆるりとお楽しみください。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

 みなさん、運転してますか。自分の運転に自信はありますか。どんなコンディションでも、問題なく運転できますか?

 私は毎日と言っていいほどクルマを使いますし、モータースポーツ業界で何年も働いていますが、それほど運転に自信があるとは言えません。というわけで先日、富士スピードウェイで行なわれたモーターファンフェスタ2018内で開催されていた、モビリタでの体験レッスンに参加してきました。

こんな感じで開催しておりました。午前はインストラクターさんの運転するクルマに同乗するタイプ、午後は自走のレッスンでした

 普段の私がどのようなクルマ生活を送っているかというと、子供の送迎や買い物がメインで、休日には50キロ程度のドライブに出かけるといった具合です。ただ、いつも晴れているわけではなく、当然雨が降っていたり風が強かったり、寒冷地に住んでいることもあり、雪が積もっていたりとコンディションはさまざま。自宅が静岡県御殿場という郊外にある関係上、悪天候でもクルマを出さなければならないことは多々あります。

御殿場市某所での私の愛車。このくらいの雪でも運転しなければならないことは、年に何回かあります

 そんな難しいコンディションのなかでのドライビングを助けてくれるABSやVSCといった機能が、最近のクルマには当たり前についています。VSCと聞いてバーチャルセーフティカーを思い浮かべたあなたは完全なレース脳。今回はそっちのVSCではなく、Vehicle Stability Contorol(横滑り等制御装置)というもののお話です。

 モーターファンフェスタで私が受けてきたのは、このVSCとABSがある状態と、ない状態でのドライビングを比較するという体験レッスン。具体的には“止まりながらハンドルを切る”とか“曲がりながらアクセルオン”という、クルマがもっとも嫌がる動作をわざとやっていくことになります。

 まずは、ABSとVSCがオンの状態でコースイン。50kmまで加速して、フロントガラスと同じ高さに吊られたボールが見えたところでフルブレーキングしつつ回避。ABSが作動してくれたおかげで、きっちりと避けることができました。

フルブレーキングしながら右にハンドルを切り、正面の小さなピンクのボールを回避せよ、というミッション。ABSが効くとちょっとクルマがガタガタします

 続いてはインストラクターさんいわく「雪道と同じくらいの滑りやすさ」だというウエット路面で、ハンドルを切りながらアクセルを大げさに開けていくという動作。こちらもVSCが効果を発揮して、問題なくコースのなかを走っていくことができました。

 ABSとVSCがどのようなものかを身体で理解したところで、いよいよこのふたつの機能をオフにして、同じように走行します。


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

エプソン・ナカジマ・レーシング・レースクイーン/2018SGT
秋月清華(あきづきさやか)

Photo Ranking

フォトランキング