F1ニュース

2018.06.23

ホンダF1、トラブルに伴いハートレーのパワーユニットを全交換。最後尾グリッドに降格へ


F1 | ホンダF1、トラブルに伴いハートレーのパワーユニットを全交換。最後尾グリッドに降格へ

 ホンダは、F1フランスGPの土曜、トロロッソのブレンドン・ハートレーのパワーユニットの6エレメントすべてを交換したことを明らかにした。これによりハートレーはグリッド降格ペナルティを受ける。

 ハートレーは金曜FP2でパワーユニットトラブルのためにコース脇でマシンをストップした。ホンダは金曜、「問題の原因とPUが負ったダメージの大きさについて分析を行い、その結果に従って明日以降のPUオペレーションを決める」とコメントしていた。

 土曜のFP3を前に、ホンダはハートレーのパワーユニットを交換したことを明らかにした。

「昨日ブレンドンのマシンに発生したPUトラブルについてですが、詳細な調査を行うため、このPUを日本に送り返すことになりました」とホンダの声明文には記されている。

「昨夜、6コンポーネントすべてを交換しました。そのため、ブレンドンは(グリッド降格)ペナルティを受け、(決勝を)後方グリッドからスタートすることになります」

「今日使用するPUは、昨日、そしてカナダGPと同じ最新仕様のものです。ブレンドンとともにいいレースをするために取り組んでいきます」

 2018年F1規則では、21戦のなかで6エレメントのうちICE(エンジン)、MGU-H、ターボチャージャーは3基に、エナジーストア、コントロールエレクトロニクス、MGU-Kは2基に制限され、それを超えるとグリッド降格ペナルティを科される。ハートレーはすでに6つのエレメントすべてをシーズン内の最大基数まで使用していたため、今回の交換でペナルティを受ける。

 今年の規則では合計降格数が15位以上になる場合、グリッド最後尾からのスタートになると定められており、今回のハートレーのケースはこれに該当する。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

T’s CONCEPT
旭はるな(あさひはるな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング