F1ニュース

2018.07.02

F1オーストリアGP決勝:メルセデス全滅、レッドブルの地元GPでフェルスタッペンが勝利


F1 | F1オーストリアGP決勝:メルセデス全滅、レッドブルの地元GPでフェルスタッペンが勝利

 7月1日現地時間午後3時10分、オーストリアGP決勝が行なわれた。朝から好天に恵まれ、気温は22度、路面温度は48度まで上がった。  

 予選Q2でのカルロス・サインツJr.に対する走行妨害でセバスチャン・ベッテルは3グリッド降格ペナルティを受け6番グリッドに。シャルル・ルクレールは予選前にリヤサスペンション不良によるギヤボックス交換を強いられ5グリッド降格を受けている。

 19番グリッドと低迷したブレンドン・ハートレーは決勝前にパワーユニット主要4コンポーネントを新品に交換し、ここでペナルティを消化して最後尾スタートになりパワーユニットのストックを作った。予選14番手のフェルナンド・アロンソも今季3基目のMGU-K投入で10グリッド降格に加えフロントウイングとピトー管を別スペックに交換することとなり規定でピットレーンスタートが義務づけられた。

 上位ではメルセデスAMG勢とレッドブル勢がスーパーソフト、トップ10以下ではウルトラソフトのランス・ストロールとソフトのマーカス・エリクソン以外の全車がスーパーソフトをスタートタイヤに選んだ。

 スタートでポールポジションのボッタスはやや出遅れ、ターン1でインにルイス・ハミルトン、アウトにボッタス、その真ん中にキミ・ライコネンが並んで3ワイドで入っていき、ボッタスがターン1で押し出されてその間に2番手ライコネン、3番手マックス・フェルスタッペンの順となる。

 しかし、ライコネンはターン3でオーバーシュートしてしまい、そこからの立ち上がりでボッタスが並びかけてターン4のアウトから再び2番手を奪還した。その後ろは5番手ダニエル・リカルド、6番手ベッテル、7番手ロマン・グロージャン、8番手ケビン・マグヌッセン、9番手ニコ・ヒュルケンベルグ、10番手エステバン・オコンという順。

 ターン3では止まりきれなかったストフェル・バンドーンがガスリーの右リヤに接触バンドーンはマシンにダメージを負ってピットインを余儀なくされる。ルクレールはターン6でコースオフしてしまい16番手まで後退してしまった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Moduloプリティ
山口ミカ(やまぐちみか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング