F1ニュース

2018.10.10

フェルスタッペンとアロンソのペナルティ批判にFIAが反論。「ばかげた言い分」


 F1日本GPでのペナルティについてマックス・フェルスタッペンとフェルナンド・アロンソがそれぞれ不満を述べているが、FIA F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングがそれに対して反論、ペナルティを与えたのは妥当な判断だったと主張した。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています