F1ニュース

2018.10.24

トロロッソがアルボン獲得を希望とニッサン・e.ダムス代表が認める。「引き抜き行為は非常に腹立たしいが、現在協議中」


 レッドブル首脳陣はトロロッソ・ホンダの2019年ドライバーとしてアレクサンダー・アルボンを起用したい考えであるとの報道を、アルボンとのフォーミュラEにおける契約を有するニッサン・e.ダムス代表が認め、レッドブルからのアプローチを受けて、現在協議中であるとコメントした。

 現在若手ドライバープログラムにトロロッソの2019年ドライバーとしてデビューさせるにふさわしい人材を持たないレッドブルは、昨年解雇したダニール・クビアトを呼び戻すことを決め、現在はそのチームメイトについて検討を行っている。

 今月、モータースポーツコンサルタントのヘルムート・マルコが、元レッドブルジュニアドライバーで現在F2に参戦するアルボンに目をつけ、交渉を開始したと報じられた。アルボンはすでに2018/19年のABBフォーミュラE選手権に向け、ニッサン・e.ダムスとの契約を結んでいる。

 しかしアルボンが先週行われたプレシーズンテストへの参加を取りやめたため、レッドブルとの交渉についてのうわさが加速していた。ニッサン・e.ダムスのボス、ジャン‐ポール・ドリオは、レッドブルからアプローチがあり、交渉を行っていると認めた。

「我々ダムス、そしてニッサン・e.ダムスのメンバーは非常に苛立っている。ダムスはF2に関して、アレクサンダー・アルボンのレースのため、資金面で大きな支援をしてきたのだ」とドリオは語る。
 アルボンは2018年、ダムスからF2に参戦し、最終ラウンドを前にランキング2位につけている。

「昨年彼が所属したチーム(ARTグランプリ)では彼はいい結果を出せなかったが、今年、我々は優れたマシンを与えている。それによって彼はドライバーとして速さを発揮することができたのだ。私は彼に速さがあることを疑ったことはない」

「彼と(フォーミュラEでの)3年契約を結んだ。我々は彼のイメージを高めるために協力してきたというのに、突然トロロッソが現れた。マルコがアルボンを乗せたいと言い出したのだ」

■ニッサン・e.ダムス代表「アルボンがトロロッソに行きたいと思うのは仕方のないこと」と理解も示す


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2018 Drift Dreamers/2018D1GP
津田知美(つだともみ)

Photo Ranking

フォトランキング