F1ニュース

2016.03.25

今宮純によるオーストラリアGPドライバー採点&短評


2016年F1開幕戦オーストラリアGP 新規チームで6位入賞を果たしたロマン・グロージャン。

今宮純氏が独自の視点でドライバーを採点。週末を通して、22人のドライバーから「ベスト・イレブン」を選ぶ。レース結果だけにとらわれず、3日間コース上のプレーを重視して採点。なお、この企画の番外編として「チーム賞」をF1速報Facebookにて選出している。

——————————————

☆ ジョリオン・パーマー
昨年13回のFP1経験があるが、ここメルボルンは初めて。デビュー戦の初日から焦らず、じっくり進めたアプローチは父ジョナサンのアドバイスだろう。終盤トロロッソ勢と入賞争い、久々の実戦ながら粘走11位。それにしても、またひとりF1界のPTA(?)父親参観が増えた。

2016年F1開幕戦オーストラリアGP ジョリオン・パーマーの父親は、元F1ドライバーのジョナサン・パーマー
2016年F1開幕戦オーストラリアGP ジョリオン・パーマーの父親は、元F1ドライバーのジョナサン・パーマー

☆☆ カルロス・サインツJr.
3つ違いの彼はマックス・フェルスタッペンより、ずっと大人。この年代で3歳の齢の差は大きい。カッカする相手をいなす態度、ぶつけられてもレーシングアクシデントと我慢。WRC王者の父の教育方針か。マックスの父は、かつて「ヨス・ザ・ボス」と呼ばれた熱い人。2年目のふたりには、これからコース上でDNAの違いがはっきりと出そう。

☆☆ フェリペ・マッサ
初め良ければ、マッサ良し。ベテランは今年も開幕予選でボッタスに先行、あまりテレビでの露出はなかったけれど、気がつけば5位に。それよりウイリアムズ・チームの進化はピットストップの改善だ。1位ボッタス2.35秒、3位マッサ2.72秒で「DHLピットストップ最速賞」1-3獲得(!)。

☆☆☆ ジェンソン・バトン
テスト段階ではMP4-31のオーバーステア傾向を気にしていたバトン。全セッションともアロンソと僅差タイム、彼なりに本番でセット対策できた。ソフトタイヤを選択、レース戦略を分けたのは悪くなかった。だが、アロンソ重大事故による赤旗が分岐点に。変えたばかりのソフトをスーパーソフトにチェンジした後半、その性能劣化が予測より進み、ミディアムヘ。一時は8位入賞圏内にいたものの周回遅れ14位ダウン、とはいえレース自己ベストタイム8位は最高位タイ(昨年から)。ここにマクラーレン・ホンダの進化を見出だす。

☆☆☆ キミ・ライコネン
いいスタートを切れたとき、ぐんぐん行くぞとライコネン。あざやかな1-2、フェラーリが開幕戦に決めるなんてミハエル・シューマッハー時代以来。2秒から2.5秒前後の間隔を保ち、2番手を周回する注意深さは、さすが。クリーンエアでタイヤをケアするためだ。ベッテルより3周長く引っ張り、チームプレーを遂行。いったん3位にまわるが、再びスーパーソフトでニコ・ロズベルグを追いまわし、ルイス・ハミルトンを抑え込むはずが、赤旗。再開後すぐにパワーユニットのトラブル(ターボユニット)で出火リタイア。2年連続の不運に、またヤケ酒?

マシンから出火してリタイアとなったキミ・ライコネン
マシンから出火してリタイアとなったキミ・ライコネン

☆☆☆ ルイス・ハミルトン
最多5回ポールポジションは、このコースを得意とする証明だ。ストップ&ゴーの1コーナー、3コーナー、9コーナーが抜群。全開で行くのが難しい5コーナーも攻めきりFP1からQ3まで完全最速。でも、スタートで大ホイールスピン。6番手から2位までの挽回戦で光ったのはミディアム最長41周走破のタイヤ・マネージメント。ロズベルグのほうは終盤変調をきたしていただけに、際立つ。


おすすめの記事

News Ranking

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

22日(Thu)

秋分の日

23日(Fri)

JRC 第7戦RALLY HOKKAIDO

24日(Sat)

DTM 第15戦ハンガロリンク

JRC 第7戦RALLY HOKKAIDO

25日(Sun)

SF 第6戦スポーツランドSUGO

全日本F3 スポーツランドSUGO

WTCC 第10戦上海国際サーキット

DTM 第16戦ハンガロリンク

LMS ELMS第5戦スパ・フランコルシャン

JRC 第7戦RALLY HOKKAIDO

全日本F3 スポーツランドSUGO

MotoGP第14戦 アラゴンGP

26日(Mon)

27日(Tue)

28日(Wed)