F1ニュース

2016.11.25

F1 Topic:バトンが事実上の引退宣言。特別な気持ちで臨むアブダビGPは家族と友人を招待


F1 | F1 Topic:バトンが事実上の引退宣言。特別な気持ちで臨むアブダビGPは家族と友人を招待

 アブダビGP、開幕前日の木曜日にパドックでもっとも話題を集めたドライバーとなったジェンソン・バトン。理由は、FIAの記者会見で「僕は今週末、これがラストレースだと思って臨む」と語ったからだ。会見でバトンは、現在の心境を次のように語った。 

「これが僕のラストレース。いまは、これ以上、F1でレースしようとは思っていない。8歳からモータースポーツでレースをしてきて、ここまで長い道のりだった。たくさんの夢を持ってF1に来て、何かを成し遂げたいと考えていた。300戦以上のグランプリに出た。ワールドチャンピオンシップを手に入れることもできた。それらのたくさんの良い思い出を持って去ることができるなら幸いだ。でも、これは終わりじゃない。僕の人生はここから始まるんだ」

 9月のイタリアGPで行った会見では「引退ではなく、1年間の休養」を強調していたバトン。それから約2カ月半の間に、バトンにどのような心境の変化があったのだろうか。

 まず、考えられるのは、ロン・デニスの解任である。というのも、今シーズン限りで引退しようとしていたバトンを引き止めるために、「1年間の休養」を提案したのがデニスだったからだ。バトンとデニスは決して仲が良い関係ではないが、14年末にマクラーレンがフェルナンド・アロンソを獲得した後、残る1つのシートをバトンがケビン・マグヌッセンと激しく争ったとき、デニスは子飼いのマグヌッセンではなく、バトンを起用した恩があった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

CUSCO/2019TAS
亜羽音(あはね)

F1 Photo Ranking

フォトランキング