F1ニュース

2017.03.01

ホンダF1が2度目のPU交換、バンドーンも十分に走れず。「2日目になっても本格的な走行に取り掛かれない」


2017年第1回F1合同テスト2日目 ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)がピット入口でストップ

 F1合同テスト2日目にマクラーレンMCL32・ホンダを走らせたストフェル・バンドーンは、2日にわたりトラブルが発生し、チームは本格的な走行をまだ一度もできずにいると認めた。

 スペインのカタルニア・サーキットでのテスト初日には、フェルナンド・アロンソが最初の1周を終えた後にオイルタンク関連と思われる問題に見舞われて、パワーユニットを交換、結局アロンソは29周しか走行できなかった。

 28日、バンドーンがマシンを引き継いだが、2周目の終わりにピット入口でストップ、メカニックに押し戻される場面があった。バンドーンは走行を続けたものの、午前中、パワー低下により今週2度目のパワーユニット交換が行われることが決まった。午後のセッション終了2時間前にコースに復帰したバンドーンだが、一日のなかで合計40周しか走れず、タイムも11人中10番手に沈んだ。

 最初の2日間でマクラーレン・ホンダは合計69周しか走行できずに終わった。一方、チャンピオン、メルセデスは362周を走りこんでいる。

 今週のテストは残り2日、開幕前のテストは合計6日間しか残っておらず、これまで失った走行時間によるダメージは非常に大きいとバンドーンは考えている。

「もちろん、最高の状況とはいえない」とバンドーン。

「昨日も今日も、もっと周回を重ねたいと皆が思っていた。でもこれが現状だ」

「僕は1周走るたびに経験を積める。(去年の)バーレーンで1戦参戦しただけだから、1日1日が重要なんだ」

「昨日フェルナンドが29周、僕は今日40周しかしていない。僕らはまだ1回も本格的な走行をしていない」

「チェックすべき項目はまだたくさん残っている。まる一日、トラブルに見舞われることなく予定したプログラムを完了できれば、パフォーマンスについてもっとよく見極めることができるだろう」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

News Ranking

本日のレースクイーン

埼玉トヨペットサポーターズ/2017S耐
兎澤香(とざわかおり)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

24日(Mon)

25日(Tue)

26日(Wed)

27日(Thu)

28日(Fri)

WRC 第5戦アルゼンチン

JRC 第3戦久万高原ラリー

29日(Sat)

インディカー・シリーズ 第4戦フェニックス

WRC 第5戦アルゼンチン

JRC 第3戦久万高原ラリー

30日(Sun)

モーターファンフェスタ2017

スーパー耐久第2戦スポーツランドSUGO

SBK 第4戦オランダ

WRC 第5戦アルゼンチン

JRC 第3戦久万高原ラリー

WTCC 第2戦イタリー(モンツァ)

F1 第4戦ロシアGP