ル・マン/WECニュース

2017.12.18

WEC/IMSA:BMWが2018年体制を発表。新車『M8 GTE』を駆るドライバー陣が明らかに


デビューレースの2017デイトナ24時間に向けて開発テストが行われている『BMW M8 GTE』

 BMWモータースポーツは12月15日、ドイツ・ミュンヘンで恒例のシーズンレビューイベントを開催し、このなかで2018年IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSCC)および、来季から新規参戦するWEC世界耐久選手権の体制を明らかにした。

『BMW M3 GT2』で参戦した2011年を最後にWECに組み込まれる伝統の耐久レース、ル・マン24時間から遠ざかっているBMWは2016年、2年後の2018年シーズンよりフェラーリ、ポルシェ、フォード、アストンマーチンの計4メーカーがしのぎを削るLM-GTEプロクラスに新型マシン『BMW M8 GTE』を用いて新規参戦すると発表。

 2017年7月には同マシンのシェイクダウンが完了したことをアナウンスすると、9月に開催されたフランクフルト・モーターショーでは初めて実車が披露された。

 その後、『M8 GTE』はスペインのカタルーニャ・サーキットやフランス、ポール・リカールなど、欧州のサーキットを中心に開発テストが行われ、今月5~6日にはWSCCの開幕戦が行われるデイトナ・インターナショナル・スピードウェイにおいて北米での初テストを完了させている。

BMWが公開した新型GTEマシンの『BMW M8 GTE』
BMWが公開した新型GTEマシンの『BMW M8 GTE』

 そんな新型マシンのステアリングを握るドライバー陣についてBMWはWEC、IMSAに参戦する各4名、都合8人のレギュラードライバーラインアップを発表。2018/19年WEC“スーパーシーズン”には開発ドライバーを務めるマルティン・トムチェクをはじめ、ニッキー・キャツバーグ、アントニオ・フェリック・ダ・コスタ、そして日本でもお馴染みのアウグスト・ファーフスの4名が指名された。

 また、『BMW M6 GTLM』からマシンをスイッチしてWSCCのGTル・マン(GTLM)クラスに参戦するBMWチームRLL(レイホール・レターマン・ラニガンレーシング)はラインアップを刷新。

 ジョン・エドワーズ、アレクサンダー・シムスの2名は残留となったが、長年にわたり北米BMWの顔として活躍したビル・オーバレンに代わってコナー・デ・フィリッピが新加入するとともに、今シーズン、GTデイトナ(GTD)クラスのターナー・モータースポーツ、96号車BMW M6 GT3をドライブしていたジェシー・クローンがトムチェクの後任として起用されることが決まった。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

ホンダアクセス/TAS2018
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

17日(Wed)

ダカールラリー

18日(Thu)

ダカールラリー

19日(Fri)

ダカールラリー

20日(Sat)

ダカールラリー

21日(Sun)

22日(Mon)

23日(Tue)