ル・マン/WECニュース

2016.06.20

フォード、LM-GTE参戦1年目で勝利。1966年の初優勝から50年目を祝う


 6月18〜19日に開催された第84回ル・マン24時間耐久レースでは、5ワークスが激突したLM-GTEプロクラスでも激しい戦いが展開された。優勝を飾ったのは、ジョーイ・ハンド/ディルク・ミューラー/セバスチャン・ブルデー組68号車フォードGTだった。

 1966年、買収交渉が決裂したフェラーリを倒すべくル・マン24時間に投入されたフォードGT40。ブルース・マクラーレン/クリス・エイモン組が優勝を飾った逸話は、その後も長きにわたりル・マンの歴史に残っている。そんな歴史的勝利から50年を経て、クラス優勝ながらふたたびル・マンのウイナーにフォードの名が記された。

 初勝利から50年を祝うべく、16年後半に販売が予定されている新型フォードGTをベースとし、2016年からの新レギュレーションにいち早く対応し製作されたマシンは、2015年のル・マンでお披露目され、その後開発が進められてきた。インディカーの名門チップ・ガナッシがオペレーションを担当し、4台を投じる巨大なプロジェクトで16年のル・マンに挑んできた。

 迎えたレースでは、同じアメリカのリシ・コンペティツォーネが走らせる82号車フェラーリ488 GTEとの一騎討ちとなり、50年前を彷彿とさせる展開となったが、68号車フォードGTが優勝。ル・マン復帰1年目で勝利を飾った。

「これはフォード・モーターカンパニーにとって、歴史的な瞬間だ」と語るのは、エグゼクティブチェアマンを務めるビル・フォード。

激戦のLM-GTEプロを制した68号車フォードGT
激戦のLM-GTEプロを制した68号車フォードGT


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

WAKO'S GIRL/2018SGT
神尾美月(かみおみづき)

Photo Ranking

フォトランキング