ル・マン/WECニュース

2018.10.03

WEC第4戦富士はステージイベントもお見逃しなく。トークショー、ライブ等盛りだくさん


 いよいよ10月12〜14日に迫ったWEC世界耐久選手権第4戦・富士6時間耐久レース。コース上も大いに注目の一戦だが、グランドスタンド裏のイベントステージでも多くのイベントが開催される予定だ。

 ル・マン24時間ウイナーであるトヨタTS050ハイブリッドの凱旋、またLMP1/LMP2のプロトタイプカーの競演、メーカーが激しい戦いを展開するLM-GTE Pro、石川資章、星野敏といった日本人ジェントルマンドライバーの戦いが注目されるLM-GTE Am等、さまざまな見どころがあるWEC第4戦富士。例年、ステージでも多くのイベントが開催されているが、今年も見逃せないものになりそうだ。

 予選日にあたる10月13日(土)は、富士スピードウェイイメージガールのクレインズのステージに始まり、FM FUJIの劇団『サンバカーニバル』公開生収録なども開催される。

 またドライバーズトークショーはこの日がメインで、午前11時からはジャン-エリック・ベルニュ/アンディ・プリオール/アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ/ジャンカルロ・フィジケラが登場。16時15分からはアンドレ・ロッテラー/マティアス・ベッシェ/小林可夢偉/ジェンソン・バトンが登場。また16時40分からは、セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソというル・マン24時間優勝トリオが登場する。

 決勝日の10月14日(日)には、トップレースクイーンたちと、スーパーGTでも活躍する山田真之亮と篠原拓朗が務めるグリッドセレモニーガールズ&ボーイズステージ、13時25分からは関谷正徳監督、脇阪寿一TGRアンバサダー、SGT/SFで活躍する国本雄資によるTOYOTA GAZOO Racingトークショー&抽選会も開催。14時半からは松田次生&ロニー・クインタレッリも登場するチェカレンジャートークショーが行われる。

 もちろんドライバーズトークショーに加えて、エキゾーストノートに代わって素晴らしい音楽を楽しめるのもWEC富士のステージイベント。13日(土)には、勇次さん、足久保太鼓のステージショー、14日(日)にはシンガーソングライターのフルヤトモヒロさん、愛山ユウさんのステージがそれぞれ開催される。

 また、必聴なのは13日(土)の17時10分から開催される小林香織さんのライブだ。女性サックスプレイヤーとしてアジアを代表する存在である小林香織さんだが、実はWECでのステージライブは2012年、2015年に続いて3回目。9月26日に発売されたニューアルバム『Be myself!』がWEC富士の公式BGMに採用されるなど、このレースとは非常に関係が深い。

 WECは6時間とレース距離も長く、レースにずっと集中するより、コース内のイベントや各コーナーをゆっくり楽しむのが正しい観戦と言える。豪華ドライバーたちのトークショー、そしてライブと、ステージイベントを楽しみ尽くそう。

WEC第4戦富士 イベントステージスケジュール
http://fiawec-fuji.com/timetable/stage/