スーパーGTニュース

2017.02.18

EIcars BENTLEY TTOによるベントレーのGT300参戦が決定! 井出/阪口のコンビに


 名古屋に本拠をおく株式会社アイカーズは、『EIcars BENTLEY TTO(アイカーズ・ベントレー・テラモト・テクニカル・オフィス)』を結成し、井出有治と阪口良平を擁しベントレー・コンチネンタルGT3でスーパーGT300クラスに参戦すると正式に発表した。

 アイカーズは、愛知県下でベントレーをはじめアウディやフォルクスワーゲン、BMW等のディーラーを展開する企業。今回、ベントレーのブランド訴求やレース参戦を通じたスタッフの一体感、モチベーション向上を目指し、14年にヨーロッパでレースデビューしたベントレー・コンチネンタルGT3をついにスーパーGTに持ち込むことになった。

 WRC世界ラリー選手権で多くの名車を生み出してきた鬼才クリスチャン・ロリオーがデザインし、Mスポーツが製作したベントレー・コンチネンタルGT3は、4リッターV8をフロントに搭載。車重も市販車から大幅に削られ、高いパフォーマンスを発揮しているGT3カーだ。

 エントラント代表には、株式会社アイカーズの坪内隆幸代表取締役が就任。かつて多くのGT500チームでエンジニア等を務めたり、F1でも活躍したテラモト・テクニカル・オフィスの寺本浩之代表がチーム監督を務める。また、チーム運営に係わるスタッフも過去のさまざまな経験を活かせるベテラン陣が加わり、スムーズにスタートができる体制を整えているという。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

2018 Drift Dreamers/2018D1GP
津田知美(つだともみ)

Photo Ranking

フォトランキング