国内レース他ニュース

2016.08.01

世界一を目指せ!『グローバルMX-5カップ』が2017年から日本でもスタート


ロードスター=MX-5による世界基準のワンメイクレース『グローバルMX-5カップ』が2017年から日本でもスタートする

 マツダと、シリーズを主管するビースポーツは8月1日、2017年から日本国内でマツダMX-5(日本名ロードスター)の世界同一仕様車によるワンメイクレース『グローバルMX-5カップ・ジャパン』をスタートさせると発表した。

 この『グローバルMX-5カップ』は、ライトウエイトスポーツとして世界中で愛されているMX-5=ロードスターによるワンメイクレース。2016年にアメリカでスタートしており、今後世界各国での戦績上位ドライバーが、アメリカのマツダレースウェイ・ラグナセカで争われる世界一決定戦に集結。“世界一のMX-5レーサーを目指す”というプログラムだ。

 そんなプログラムが、ついに日本でも始まることになった。2017年は5戦の開催が予定されており、決勝45分間のスプリントレースを開催。開催予定地は現在のところ岡山、鈴鹿、スポーツランドSUGO、ツインリンクもてぎ等となっている。

 参加にはASN発給の国内競技運転者Aクラス以上の所持(JAF以外のASNに所属するドライバーも一定の条件を満たすことで参戦可能)が必要。勝ち抜いたドライバーには総額500万円の大会賞金や、世界一決定戦への出場権も与えられるほか、初年度にフル参戦したドライバーにはボーナス賞金も用意されているという。

『グローバルMX-5カップ』の参戦にはもちろんMX-5が必要になるが、高いイコールコンディションが特徴で“世界同一仕様車”でのレースを標榜しているため、専用車両が必要となる。グローバルMX-5カップ車両は北米仕様の2リッターエンジンを搭載する左ハンドルのMX-5で、アメリカのロングロード・レーシング社が長年培ったノウハウを投じたパーツを開発。日本ではキャロッセが車両販売・パーツのサポートを行う。販売価格は788万4000円(税込)だ。

アメリカで開催された2016年シリーズの様子
アメリカで開催された2016年シリーズの様子
2016年アメリカでのレースに集結した参加者たち
2016年アメリカでのレースに集結した参加者たち


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ/2017SGT
鈴菜(すずな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

22日(Thu)

23日(Fri)

24日(Sat)

フォーミュラV8 3.5 第5戦 アラゴン

EWC 世界耐久選手権 第4戦スロバキアリング8時間耐久レース(スロバキア)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第5戦鈴鹿

全日本F3 鈴鹿サーキット

ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ 第3戦ポール・リカール

25日(Sun)

F2 第4戦アゼルバイジャン

第95回パイクスピーク・ヒルクライム

ブランパンGTシリーズ・アジア 第6戦鈴鹿

インディカー・シリーズ 第10戦ロード・アメリカ

全日本F3 鈴鹿サーキット

MotoGP 第8戦オランダGP

WTCC 第5戦ポルトガル(ビジャレアル)

F1 第8戦アゼルバイジャンGP

26日(Mon)

27日(Tue)

28日(Wed)