F1ニュース

2017.11.30

現F1王者ハミルトン、“カーナンバー1”の使用を拒否。「“44”は僕だけのナンバー」


 F1のチャンピオンは“カーナンバー1”を使用するのが伝統となっており、ルイス・ハミルトンは来シーズン、このナンバーを使うよう迫られている。しかし、ハミルトンはこれを受け入れるつもりはないようだ。

 過去数年、ドライバーは個人で固定のナンバーを選ぶことが認められており、チャンピオンが“ナンバー1”を使わずにいることも可能となっている。2017年は、前年度チャンピオンのニコ・ロズベルグがオフシーズン中に引退したため、カーナンバー1を使用できるドライバーはいなかった。

 ハミルトンは自身のナンバーである“44”にこだわりを持っており、4度の世界チャンピオンである彼は、この数字を中心に自身のブランドを築き上げてきた。多少の取り組みを行えば変更を望む声に応えることもできるが、彼は“44”を永久に使うことを希望している。

 ハミルトンはブラジルのGloboに「僕のエンジニアや他の一部の人たちは、変更を望んでいる」と語り、以下のように続けた。

「彼らはマシンに“1”を付けさせようとしているけれど、僕には変えるつもりはない。“44”は個人的なものなんだ。誰にだってラッキーナンバーはある」

「もしかしたら“44”にどうにかして“1”を絡ませるとか、そういうやり方を考えることはできるかもしれない」

「でも実際のところ、“ナンバー1”というのがあまりすきになれないんだ。“1”は過去に他のドライバーも使ってきたけれど、“44”は僕だけのものだから」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

NITTO/2019TAS
葉加瀬りょう(はかせりょう)

F1 Photo Ranking

フォトランキング