F1ニュース

2018.04.07

F1バーレーンGP FP2:好調ライコネンがタイヤ交換ミスでストップ。ガスリーは8番手


F1 | F1バーレーンGP FP2:好調ライコネンがタイヤ交換ミスでストップ。ガスリーは8番手

 サーキット上空は夕方になって黒雲が張り出し始めたが、降水確率は0%。現地日没時間は午後5時56分で、FP2の始まる午後6時にはもうとっぷりと日が暮れている。気温27℃、路面温度はFP1より10℃も低い32℃まで下がった。ストレートでは進行方向左から、かなり強い風が吹いている。 

 セッション序盤はキミ・ライコネンがソフトタイヤで1分30秒689のタイムを出し、午前中最速のダニエル・リカルドが僅差で続く。FP1ではノータイムで最下位に終わったマックス・フェルスタッペンも、積極的に周回を重ねる。午前のトラブルは何らかの理由で排気管が破損し、ターボが効かなくなってしまったことのようだ。

 開始後30分を過ぎた時点で、セバスチャン・ベッテルが1分30秒041でトップ。コンマ4秒差でバルテリ・ボッタスが続くが、ハミルトンはターン1で大きくはらむなどして、ベッテルから1秒2落ちの5番手に留まっている。トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはこのセッションでも速さを見せ、8番手に付けている。

 上位陣で最初にスーパーソフトを履いたのはライコネン。自己ベストをコンマ8秒更新する、1分29秒817でトップに立った。ベッテルが100分の1秒差で2番手。一方メルセデス勢は、ハミルトンがハースに前を塞がれてタイムロスしたとはいえ、4番手。ボッタスもライコネンからコンマ5秒落ちの3番手だ。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

シンリョウレーシングRQ
近藤みき(こんどうみき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング