ル・マン/WECニュース

2017.07.15

WEC第4戦:ロペス&可夢偉が好走。7号車トヨタが2戦連続のポールポジション獲得


ポールポジションを獲得した7号車トヨタTS050ハイブリッド

 WEC世界耐久選手権は7月15日、ドイツ・ニュルブルクリンクで第4戦の公式予選が行われ、TOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス)がポールポジションを獲得した。
 
 ル・マン24時間耐久レースでの予選方式とは異なり、ふたりのドライバーのアベレージタイムでグリッドを決定するWEC独自のスタイルに戻った第4戦の公式予選。現地時間15時25分にプロトタイプクラスの予選が開始されると、7号車トヨタTS050ハイブリッドを除く各車が一斉にコースへと向かった。
 
 ポルシェの2台はともに2周目に計測に入ると、2号車ポルシェ919ハイブリッドのブレンドン・ハートレーが1分38秒292をマーク。直後に1号車ポルシェ919ハイブリッドを駆るニール・ジャニも1分38秒671で続いた。

唯一の1分37秒台を記録するも3番手となった1号車ポルシェ919ハイブリッド
唯一の1分37秒台を記録するも3番手となった1号車ポルシェ919ハイブリッド

 
 ポルシェに先立ってコースインした中嶋一貴の駆る8号車トヨタは、トラフィックなどの影響でタイムを伸ばせず。一方、5分遅れでコースに入った7号車トヨタのホセ-マリア・ロペスは1分38秒083というタイムを記録すると、セッション前半をトップで折り返すことに成功する。
 
 セッション後半に入り各チームがドライバーを交代するなか、暫定ポールという状況でバトンを渡された7号車トヨタの小林可夢偉は、1分38秒153の好タイムをマーク。
8号車トヨタTS050ハイブリッド
8号車トヨタTS050ハイブリッド

 逆転を狙うポルシェ勢では、1号車ポルシェのアンドレ・ロッテラーが1分37秒886という全体ベストタイムを記録するもアベレージタイムでは3番手にとどまった。また、2番手につける2号車ポルシェもわずかにタイムアップを果たすものの、7号車トヨタには0.154秒及ばず。
 
 この結果、7号車トヨタがル・マンに続く2戦連続、2017年シーズン3度目のポールポジションを獲得することとなった。僚友7号車トヨタは4番手に付けている。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models/2017SF
宮本あかり(みやもとあかり)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

17日(Fri)

フォーミュラV8 3.5 第9戦 バーレーン

WRC 第13戦オーストラリア

18日(Sat)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WEC 第9戦バーレーン6時間

19日(Sun)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WTCC 第9戦マカオ(ギア・サーキット)

20日(Mon)

21日(Tue)

22日(Wed)

23日(Thu)