ル・マン/WECニュース

2018.02.08

WEC:ジャンカルロ・フィジケラがシリーズ復帰。GTEアマチームからフル参戦へ


ジャンカルロ・フィジケラのWECフル参戦は2013年以来5年ぶり。

 WEC世界耐久選手権のLM-GTEアマクラスに参戦しているスピリット・オブ・レースは2月7日、元F1ドライバーで現在はフェラーリ・ワークスドライバーとして活躍するジャンカルロ・フィジケラを2018/19年の“スーパーシーズン”で起用すると発表した。

 スイスに籍を置くスピリット・オブ・レースは2017年シーズンからWECへの参戦を開始したフェラーリ・カスタマーチーム。トーマス・フロー、フランチェスコ・カステラッチ、元DTMドライバーのミゲル・モリーナーという布陣でデビューイヤーを戦い、第7戦富士ではLM-GTEアマクラス初優勝を飾った。

 5月第1週のスパ・フランコルシャンで開幕する新シーズンではこのドライバーラインアップを一部変更し、モリーナに代わってフィジケラがフロー、カステラッチと『フェラーリ488 GTE』をシェアすることとなった。

 そんなフィジケラはF1引退後の2010年からGTレースに本格参戦。WECには2012、2013年にフェラーリのセミワークスチームであるAFコルセからLM-GTEプロクラスにフル参戦し、初年度の2012年ル・マンでクラス優勝、同年のシリーズチャンピオンを獲得した。

 2014年以降は、戦いの舞台を北米のIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップにスイッチ。GTル・マン(GTLM)クラスのリシ・コンペティツィオーネに所属してレギュラードライバーとして活躍したほか、昨シーズンはカスペロスキー・モータースポーツの一員としてブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップにも参戦している。

 また、この間にもル・マンへの参戦は継続しており、AFコルセの第3ドライバーとして出場した2015年のレースでは自身2度目のLM-GTEプロクラス優勝を飾った。

ジャンカルロ・フィジケラがドライブする予定のフェラーリ488 GTE
ジャンカルロ・フィジケラがドライブする予定のフェラーリ488 GTE


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

a-Girls/2018SGT
柴咲マナ(しばさきまな)

Photo Ranking

フォトランキング