スーパーGT ニュース

2017.08.28

スーパーGT:SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 2017年第6戦鈴鹿 決勝レポート


スーパーGT | スーパーGT:SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 2017年第6戦鈴鹿 決勝レポート

LMcorsaレースレポート:SUPER GT第6戦決勝・鈴鹿サーキット
LMcorsa Super GT, Racing Reports 2017 Vol.10-2
Round 6:SUZUKA CIRCUIT. 2017/08/27
スターティンググリッド:6番手
決勝結果:4位(158周)
天候:晴れ、コース状況:ドライ

決勝

 AUTOBACS SUPER GTシリーズの第6戦、INTERNATIONAL SUZUKA 1000㎞の決勝レースが鈴鹿サーキットで8月27日(日)に開催された。夏休み最後の週末であり、1966年から続いてきた伝統の鈴鹿1000㎞最後の開催となるため、4万5000人もの観客が訪れてサーキット周辺の道路は朝から渋滞が発生。観客の熱気とともにサーキットの気温は上昇していった。

 10時55分から20分間で行われたSUPER GTのウォームアップ走行。昨日の予選で6番手を獲得した『SYNTIUM LMcorsa RC F GT3』は、今日の決勝で表彰台の中央を狙っていくための最終チェックを両ドライバーが行う。

 前半は吉本大樹がドライブし、計時モニターのトップに名前が表示されるなど好調で、最終的には2分01秒943で4番手となる。

 スタート進行では、往年のマシンがデモンストレーション走行を行うなど観客の盛り上がりも最高潮に達するなか、SUPER GTの各マシンがグリッドに整列していく。そして三重県警の白バイとパトカー先導によりパレードラップが行われた後、フォーメーションラップ開始となりローリングスタート方式で熱戦の火蓋が切られた。

 今回チームのスタートドライバーを担当したのは吉本で、予選6番手のポジションをキープしながら周回を重ねていき4番手を走行していた17周目に1回目のピットイン。給油、タイヤ交換とともに飯田へのドライバー交代を終え、コースへと復帰していく。

 チームによって戦略が異なってくるため、その後の順位はピットインするライバルたちの状況で大きく変動していく。

 そのような状況下、飯田は順当にポジションをアップしていき3番手を走行している39周目にアクシデントが発生してセーフティカーが導入される。45周目にレースが再開されると、飯田は49周目にピットインして吉本へバトンタッチ。

 吉本はコースに復帰すると、すぐにペースアップを図り52周目には今日のチームのベストタイとなる2分02秒042をマーク。

 その後も安定したペースで周回を重ねていき、79周目に3回目のピットインをして再び飯田へドライブを引き継ぐ。すると89周目にアクシデントが発生し、今日2回目のセーフティカーが導入されて95周目にリスタートとなる。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

チームマッハ マッハ車検 GAL
杉本夏陽(すぎもとなつひ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング