スーパーGTニュース

2017.01.19

結成5年、トヨタ・マークX投入。埼玉トヨペットの“異例づくめ”なスーパーGT300挑戦


スーパーGT | 結成5年、トヨタ・マークX投入。埼玉トヨペットの“異例づくめ”なスーパーGT300挑戦

 既報のとおり、埼玉トヨペットGreen Braveが東京オートサロンで発表した2017年のモータースポーツ参戦体制は、意表を突くトヨタ・マークXでのスーパーGT参戦だった。ここではカンファレンスの内容を再確認しながら、今回の参戦がいかに異例かを検証していきたい。

■チーム結成わずか5年目でのスーパーGT参戦。4年前は本当に素人の集まりだった

 カンファレンスでも紹介されたが、埼玉トヨペットGreen Braveはまだ結成して4年のチーム。2013年1月にチームの運営部署であるモータースポーツ室が設置され、同年からスーパー耐久へ参戦を開始した。

スーパーGT参戦ドライバーのひとり、平沼貴之
スーパーGT参戦ドライバーのひとり、平沼貴之

 ドライバーである平沼貴之の2014年以前のモータースポーツ経験はカート程度で、チーム代表であるモータースポーツ室の岩田室長の前所属はレクサス店のゼネラルマネージャー、マークXのチーフエンジニアである近藤エンジニアの前所属は、東松山支店のサービスエンジニア。正真正銘レースの素人たちが立ち上げたチームということがお分かりいただけるだろう。

 スーパー耐久は1年目こそレーシングガレージとの合同チームだったが、2014年から自社チームに。悔しいリタイアやトラブルを経験しながらも、一歩ずつ地道に成長してきた。初年度から表彰台を獲得するなど、順調に成績を伸ばし、2015年に初優勝を含む4回の表彰台登壇を果たしチャンピオンを獲得。今回のスーパーGT参戦の足がかりとなった。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

シンリョウレーシングRQ
近藤みき(こんどうみき)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング