F1ニュース

2018.09.14

ハースF1代表、イタリアGP後にマシンへの疑義を申し立てたルノーを非難。正式に控訴手続きを開始


 イタリアGP決勝後にルノーからロマン・グロージャンのマシンに技術規則違反の疑いがあるとの申し立てがあり、その後の調査の結果、最終リザルトでグロージャンが失格となった件に関して、ハースF1代表のギュンター・シュタイナーがルノーを名指しで非難した。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています