レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

MotoGP ニュース

投稿日: 2018.04.07 22:55
更新日: 2018.04.07 23:21

MotoGP:中上、アルゼンチンGP初日の終盤はユーズドタイヤでの走行に集中

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


MotoGP | MotoGP:中上、アルゼンチンGP初日の終盤はユーズドタイヤでの走行に集中

 2018年のMotoGP第2戦がアルゼンチンのアウトドロモ・テルマス・デ・リオ・オンドで開幕。初日を終えたLCRホンダ・イデミツの中上貴晶は総合20番手で終えるも、手応えを感じているという。

 最高峰クラスでテルマスを走るのは初となる中上。フリー走行1回目はトップから約1秒遅れの1分41秒449で18番手。フリー走行2回目は序盤で小雨が降るもベストタイムを更新し、1分41秒357で総合20番手で初日を終えた。

 セッション中、中上はトップ10圏内に入るも、ルーキー勢のトップはモンスター・ヤマハ・テック3のハフィス・シャーリンに奪われた。しかし、中上は初日の結果には手応えを感じているようだ。

「今日は、順位こそあまりいい位置につけることができませんでしたが、手応えのいい初日になりました」と中上。

「セッション中はトップ10に近い場所で走ることもできて、できればもう少し上位で終えたかったのですが、いい経験になりました」

「セッション終盤には多くの選手がタイムアップを狙ってニュータイヤで出て行ったのですが、僕はユーズドタイヤでの走行に徹しました。やるべきことはまだたくさんありますが、いい一日でした」

 予選日に向けては「この調子で、明日はさらにタイムアップを狙い、もっと前進できるようにがんばります」と意気込みを語っている。

 4月8日(日)に決勝レースが行われるMotoGP第2戦アルゼンチンGP。MotoGPクラスの予選は、15時10分(日本時間3時10分)開始予定だ。


関連のニュース