国内レース他 ニュース

投稿日: 2020.01.06 19:49
更新日: 2020.01.06 19:50

スーパー耐久:2020年は“GT4本格化元年”になるか? ST-Zに車種大幅増の予感


国内レース他 | スーパー耐久:2020年は“GT4本格化元年”になるか? ST-Zに車種大幅増の予感

 2020年を迎え、シーズン開幕に向けて各シリーズではオフの動きが活発になりつつあるが、近年非常に多くのエントリーを集めているピレリスーパー耐久シリーズでも、多くの動きがありそうだ。特に注目と言えそうなのが、GT4車両で争われるST-Zクラスだ。

 近年GT3カーのスピードアップ、価格高騰などの影響もあり、海外でも人気となっているGT4。コスト面やジェントルマンドライバーへの扱いやすさなどがその人気の理由だが、日本国内でもST-Zとして参戦可能なピレリスーパー耐久シリーズで、その台数が少しずつ増えていった。

 2019年のST-ZではENDLESS AMG GT4がチャンピオンを獲得したが、クラスにはメルセデスAMG GT4をはじめKTMクロスボウGT4、ジネッタG55 GT4、ポルシェ・ケイマンGT4クラブスポーツという4車種が登場していたが、2020年は車種がさらに増えそうなのだ。

 すでにバースレーシングプロジェクト(BRP)がポルシェ718ケイマンGT4・クラブスポーツMRの導入を発表しているが、2020年はさらにBMW M4 GT4、アストンマーティン・バンテージGT4の登場が噂されている。また、メルセデスも台数が増える可能性がありそうだ。

 まだ台数等確定したものはないが、車種増とともに台数も10台前後にはなりそう。現在のところ、セールスがアナウンスされたGRスープラGT4の2020年開幕登場については明確な情報は入っていないが、GRスープラが登場すればさらにST-Zは盛り上がりをみせるかもしれない。

 さらに世界を見渡せば、アウディR8 LMS GT4、アルピーヌA110 GT4、シボレー・カマロGT4.R、マクラーレン570S GT4、マセラティ・グランツーリスモMC GT4、フォード・マスタングGT4などなど多種多様の車種が存在するGT4。2020年は将来のさらなる車種増に向けた本格化“元年”になるかもしれない。

アストンマーティン・バンテージGT4
アストンマーティン・バンテージGT4
2019年はブランパンGTシリーズ・アジアにBMW Team Studieの2台が参戦したBMW M4 GT4
2019年はブランパンGTシリーズ・アジアにBMW Team Studieの2台が参戦したBMW M4 GT4


本日のレースクイーン

T-DASH JLOC エンジェル
亀澤杏奈(かめざわあんな)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング