海外レース他 ニュース

投稿日: 2019.10.28 18:52
更新日: 2019.10.28 18:53

ストックカーブラジル第9戦でバリチェロが3位表彰台。チャンピオン争いは混戦模様


海外レース他 | ストックカーブラジル第9戦でバリチェロが3位表彰台。チャンピオン争いは混戦模様

 南米大陸ブラジルで絶大な人気を誇るツーリングカー選手権、SCBストックカー・ブラジルの2019年シーズンもいよいよ終盤戦に突入。10月19~20日開催の第9戦カスカバルでは、レース1をフェリペ・フラーガ(シムド・レーシング)が、レース2をアッティラ・アブレウ(シェルVパワー)が制し、ルーベンス・バリチェロ(フルタイム・スポーツ)も3位表彰台を獲得。そしてシリーズランキング首位を守ってきた王者ダニエル・セラ(ユーロファーマRC)がチームメイトのリカルド・マウリシオに同率首位に並ばれる混戦模様となっている。

 8月末に開催された高額賞金の掛かる第7戦”ミリオン・レース”では、ゲスト参戦でポールポジションを獲得したルーカス・ディ・グラッシ(ユーロファーマRC)を撃破したマウリシオが勝利し、100万レアル(約2950万円)の賞金を手にすると同時にシリーズポイントでも僚友セラに大きく肉薄。

 続く第9月の第8戦ヴェロパークではフラーガと2014年王者バリチェロが勝利を挙げ、4勝目の元F1ドライバーがランキング4位に浮上するなど、タイトル争いも混迷の様相を呈してきた。

 迎えた第9戦は、レース1に向けポールポジションを獲得したガブリエル・カサグランデ(クラウン・レーシング)と、強豪シムドのエースであるフラーガの一騎打ちとなり、勝敗の行方はルーティンピットが分ける僅差の勝負に。

 ここでポールシッターの作業時間をわずか0.8秒上回ったシムドの強さが物を言い、35周のチェッカー時には4.528秒の差をつけフィニッシュ。2016年チャンピオンのフラーガが今季2勝目を飾り、2位カサグランデ、3位に5度のタイトルを誇る”帝王”カカ・ブエノ(シムド・レーシング)が並ぶ表彰台となった。

R1をポールポジションからスタートしたガブリエル・カサグランデ(Crown Racing)
リカルド・ゾンタらとバトルを展開したリカルド・マウリシオは、R1で17位に沈む
強豪チームのピット戦略で逆転したフェリペ・フラーガがR1を制し、今季2勝目を飾った


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 リアライズガールズ
小泉奈央(こいずみなお)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング