海外レース他 ニュース

投稿日: 2020.03.09 11:48

英国ツーリングカーBTCC向けの新型『フォード・フォーカスST』がシェイクダウン。2020年全グリッドが確定


海外レース他 | 英国ツーリングカーBTCC向けの新型『フォード・フォーカスST』がシェイクダウン。2020年全グリッドが確定

 BTCCイギリス・ツーリングカー選手権の2020年シーズンに向け、新型モデル『フォード・フォーカスST』の投入を発表していたモーターベース・パフォーマンスは、ブランズハッチでオフシーズンテストを実施。第4世代に進化したニューモデルのシェイクダウンを終えるとともに、全30台が並ぶグリッド上で最後のドライバーとして、2016年以来の復帰となるアンディ・ニートの加入をアナウンスした。

 3月4日にブランズハッチのトラックに運び込まれた2020年型NGTC規定『フォード・フォーカスST』は、2020年シーズンのオリー・ジャクソン車になる予定の48号車で、復帰移籍のロリー・ブッチャー車、新加入アンディ・ニート車は現在もケント州ルータムに拠点を置くファクトリーで急ピッチの製造が続けられている。

 この日はジャクソンがシェイクダウンを担当し、そのまま午前中のテストプログラムを消化。午後からはブッチャーがマシンをシェアし周回を重ねた。また、トラックに姿を見せたニートは2019年型の『フォード・フォーカスRS』のステアリングを握り、2016年開幕戦でドライブしたチーム・ダイナミクスのFK2型ホンダ・シビック・タイプR以来となるBTCC車両での“リハビリ”に励んだ。

 この2020年最初のテスト直後に、モーターベース・パフォーマンスはニートの正式加入をアナウンス。WSR(ウエスト・サリー・レーシング)のBMWや、チーム・エーオンとして参戦したアリーナ・モータースポーツのフォード・フォーカス、トリプルエイト・レーシングのMGなどで戦ってきた45歳のベテランに、3台目の新型モデルを託すことを決めた。

「あれからしばらく時間が経ってしまったが、BTCCには未完成のままやり残した仕事があるように感じていた」とシリーズ復帰への意気込みを語ったニート。

「ここまで息子アイデンのカートキャリアを監督し、急成長する姿を見守ってきたが、BTCCに戻る可能性についてはつねに頭の片隅にあったんだ。自分の能力を証明する場所を求めているわけではないが、モーターベースは今の私にピッタリの場所だと思ったんだ」

ファクトリーで新型マシンのシート合わせを行った2019年インディペンデント王者のロリー・ブッチャー
完成した2020年型初号機はオリー・ジャクソン車となり、本人がシェイクダウンを担当した


関連のニュース

本日のレースクイーン

KeePer Angels
後藤佑紀(ごとうゆうき)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング