レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

スーパーGT ニュース

投稿日: 2024.02.18 13:14
更新日: 2024.02.18 13:26

目指すは表彰台以上。ANEST IWATA Racing with Arnageが体制とカラーをお披露目

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


スーパーGT | 目指すは表彰台以上。ANEST IWATA Racing with Arnageが体制とカラーをお披露目

 2月18日、神奈川県横浜市港北区新吉田町のアネスト岩田本社敷地で、2023年に続いて地域向けイベント『BLUE LINK FES.』が開催され、このイベント内でスーパーGT GT300クラスに参戦するANEST IWATA Racing with Arnageの2024年参戦体制、マシンカラーリングがお披露目された。

 この『BLUE LINK FES.』は、横浜市港北区に本社を構え、コンプレッサや真空機器などさまざまな産業機器を手がけるメーカーであるアネスト岩田が『本社敷地を公園や空き地のように、新しい遊び場として地域の方に開放したい』という想いから始まったお祭りだ。

 今年もグランツーリスモタイムアタック大会やレクサスLFA、RC Fなどの車両展示、神奈川県警の白バイ展示、はたらくクルマの展示など、クルマに関係する展示が多数行われたほか、アネスト岩田の技術を使った射的などのイベント、フードコーナーなどさまざまなイベントが行われ、昨年を上回る来場者で朝から賑わいをみせた。

 そんな『BLUE LINK FES.』でも注目のイベントと言えたのが、ANEST IWATA Racing with Arnageの2024年参戦体制発表だ。2023年にも行われた体制発表だが、前年のイベントをさらにブラッシュアップ。工場内からANEST IWATA Racing RC F GT3がイゴール・オオムラ・フラガのドライブで白煙を上げながら登場すると、ファンからは大きな歓声が上がった。

 2024年はオオムラ・フラガと古谷悠河のコンビで参戦するANEST IWATA Racing RC F GT3だが、グランツーリスモを手がけるポリフォニーデジタルが今年もデザインを担当。ブルー、そしてブラックの基調は変わらないが、シルバーやラインが変化しており、昨年よりもシャープさを増した印象となった。「チームも煮詰められていますが、それがカラーリングにも表れていると思います(笑)」とオオムラ・フラガ。

アネスト岩田『BLUE LINK FES.』で短距離ながらデモランをみせたANEST IWATA Racing RC F GT3
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』で短距離ながらデモランをみせたANEST IWATA Racing RC F GT3
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』に登場したANEST IWATA Racing with Arnageのイゴール・オオムラ・フラガと古谷悠河
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』に登場したANEST IWATA Racing with Arnageのイゴール・オオムラ・フラガと古谷悠河

 そんなANEST IWATA Racing with Arnageの今年の目標は、ズバリ2023年以上の結果だ。「2023年は初めてGT300に挑戦し、SUGOでの7位が最高位、年間では17位という順位となりましたが、まだまだ上を目指さなければならないと思っています」と語ったのは、チームの武田克己総監督だ。

「今年もこうして新吉田町の皆さんにこのクルマを紹介できたことを非常にうれしく思っています。このクルマと、ふたりのドライバーとともに、2023年以上の結果を目指して頑張っていきたいと思っています」

 また、2024年もコンビを組むふたりも、昨年を上回る結果、そして表彰台獲得という大きな目標に臨んでいく。「昨年は学びが非常に多かった一年でした。僕たちもスーパーGTの特殊なタイヤの経験がなくて苦労した部分はありましたが、シーズン中盤くらいから方向性も見出し、戦闘力を上げる事ができましたが、後半戦はタイヤと天候のマッチングがなかなか噛みあいませんでした」とオオムラ・フラガは語った。

「昨年得た経験を活かし、同じクルマとなれたメンバーで表彰台、さらに上を目指して頑張っていきたいと思います」

 そして古谷も「やはり特殊なタイヤの経験値が少なく、ドライバーもチームも苦労した部分がありました。路面温度や気温が少しずれるだけでレンジから外れてしまうので、その驚きを体験した年だったと思います」と2023年を振り返った。

「そこにどう対応するかのノウハウがかなり蓄積されてきていますし、ドライビング面でも少しずつ良くなっていると思います。タイヤ、マシン、ドライバーとすべて噛みあわせることができれば、結果が出ると思っています。昨年は表彰台を獲得することができなかったので、まずは表彰台獲得、そして優勝を目指してチームみんなで頑張っていきたいですね」

 イベントには、2024年からアネスト岩田が欧州法人を通じてサポートすることになった自転車ロードレースのJCL TEAM UKYOの片山右京代表も登場。ANEST IWATA Racing RC F GT3の新たな勇姿とともにファンを驚かせた。『BLUE LINK FES.』を訪れたファンの熱い気持ちとともに、ANEST IWATA Racing with Arnageは2024年のジャンプアップを狙っていく。

アネスト岩田『BLUE LINK FES.』に登場したANEST IWATA Racing RC F GT3の2024年カラーリング
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』に登場したANEST IWATA Racing RC F GT3の2024年カラーリング
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』に登場したANEST IWATA Racing RC F GT3の2024年カラーリング
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』に登場したANEST IWATA Racing RC F GT3の2024年カラーリング
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』に登場したANEST IWATA Racing RC F GT3の2024年カラーリング
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』に登場したANEST IWATA Racing RC F GT3の2024年カラーリング
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』に登場したANEST IWATA Racing with Arnageの武田克己総監督
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』に登場したANEST IWATA Racing with Arnageの武田克己総監督
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』に登場したJCL TEAM UKYOの片山右京代表
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』に登場したJCL TEAM UKYOの片山右京代表
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』の様子
アネスト岩田『BLUE LINK FES.』の様子


関連のニュース