MotoGP ニュース

投稿日: 2018.12.12 05:00
更新日: 2018.12.12 18:02

トライアンフ、エンジンを大幅改良した新型ストリートツインとストリートスクランブラーをお披露目


MotoGP | トライアンフ、エンジンを大幅改良した新型ストリートツインとストリートスクランブラーをお披露目

 トライアンフ・モーターサイクルズ・ジャパンは11日、都内で新商品発表会を開催し、2019年モデルのStreet Twin(ストリートツイン)とStreet Scrambler(ストリートスクランブラ―)をアンベイルした。両モデルは12月15日からの発売が予定されている。

 トライアンフは1902年にイギリスで誕生した世界最古のバイクメーカーだ。トライアンフのバイクは、ハリウッド映画などにも多く使われていて、その姿を目にしたことのある人も多いはず。近年では『ジュラシック・ワールド』や『ミッション・イン・ポッシブル』などに登場している。

 モータースポーツシーンでは、マン島TTなどで活躍。2019年からはMotoGPのMoto2クラスにオフィシャルエンジンサプライヤーとして参戦する。

トライアンフの新商品発表会の様子
トライアンフの新商品発表会の様子
2019年型トライアンフ・ストリートスクランブラ―
2019年型トライアンフ・ストリートスクランブラ―

 発表会では、トライアンフのモダンクラシックカテゴリーに属する新型ストリートツインと新型ストリートスクランブラ―の2車種がお披露目された。

■エンジンが大幅に改良された新型ストリートツイン

 ストリートツインは、2016年から発売されたトライアンフ伝統のボンネビルシリーズのなかでもっとも現代的なモデルだ。

2019年型トライアンフ・ストリートツイン(右フロント)
2019年型トライアンフ・ストリートツイン
2019年型トライアンフ・ストリートツイン(左フロント)
2019年型トライアンフ・ストリートツイン
2019年型トライアンフ・ストリートツイン
2019年型トライアンフ・ストリートツイン

 新型ストリートツインに搭載されるエンジンは大幅に改良が加えられた水冷SOHC並列2気筒8バルブ270度クランクの900ccボンネビルエンジン。最高出力は先代モデルよりも10馬力アップの65馬力、最大トルクは80N・mを発揮し、最高エンジン回転数は500rpm増加の7,500rpmに引き上げられた。

先代モデルより大幅に改良された900ccボンネビルエンジン
先代モデルより大幅に改良された900ccボンネビルエンジン
大幅に改良された900ccボンネビルエンジンは先代のエンジンよりもピークパワーが18%増強されたという
大幅に改良された900ccボンネビルエンジンは先代のエンジンよりもピークパワーが18%増強されたという

 フロントには、ブレンボ製4ピストンフロントブレーキキャリパーを新たに採用し、ブレーキ性能が向上。また、新型のKYB製カートリッジフロントフォークにより快適な走行性を実現しているという。

フロントに装備されたブレンボ製4ピストンフロントブレーキキャリパー
フロントに装備されたブレンボ製4ピストンフロントブレーキキャリパー

 電子制御の面では、トラクションコントロールやライドバイワイヤシステム、ABSに加え、走行状況でスロットルマップとトラクションコントロールの設定を調整することができるライディングモードを新たに装備。モードは、ロードとレインの2パターンが設定されている。

 その他、クラッチレバーの重さを軽減するトルクアシストクラッチや盗難防止のイモビライザー、スマートフォンなどの電源として利用できるUSB電源ソケットが標準装備された。

 カラーリングは、マットアイアンストーン、コロッシレッド、ジェットブラックの3色で、価格は105万600円(税込)。12月15日から全国のトライアンフ正規販売店で販売される予定だ。

■オフロードモードを備えた新型ストリートスクランブラー


本日のレースクイーン

5ZIGEN girls
吉乃愛恵(よしのまなえ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング