MotoGP ニュース

投稿日: 2019.06.24 10:40
更新日: 2019.06.24 11:45

SBK第7戦イタリアのレース2でカワサキが表彰台を独占。レイはダブルウインで今季4勝目を挙げる


MotoGP | SBK第7戦イタリアのレース2でカワサキが表彰台を独占。レイはダブルウインで今季4勝目を挙げる

 スーパーバイク世界選手権(SBK)第7戦イタリア(ミサノ)がミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、レース1、レース2でジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)が優勝。レース2ではカワサキが表彰台を独占した。

 今大会も高橋裕紀(モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム)がレオン・キャミアの代役として参戦。また、ミケーレ・ピロがバーニーレーシングチームからエントリーした。

 さらに初日のフリー走行2回目では、マイケル・ファン・デル・マーク(パタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム)がハイサイド転倒。ファン・デル・マークは肋骨や右手首を骨折し、第7戦イタリアを欠場することとなった。

 スーパーポールによってポールポジションを獲得したのはレイ。サンドロ・コルテセ(GRTヤマハ・ワールドSBK)が2番手、トム・サイクス(BMWモトラッド・ワールドSBKチーム)が3番手でフロントロウに並んだ。アルバロ・バウティスタ(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)は5番グリッドを獲得している。

■レース1:赤旗中断のウエットレースでレイが今季4勝目

 レース1は雨によりスタートディレイ。約25分遅れでレースが始まった。レース1のコンディションは気温23度、路面温度25度、路面状況はウエット。

 ポールポジションからホールショットを奪ったのはレイ。レイにアレックス・ロウズ(パタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム)、サイクスが続く。レイとロウズがテール・トゥ・ノーズでオープニングラップを終えたが、2周目1コーナーの飛び込みでロウズがレイを交わしてトップを奪取。ロウズは2周目、さらに3周目にもファステストをたたき出すと、レイを引き離しにかかる。

 しかし4周目、赤旗が提示。天候の悪化によりレースは一時中断となった。その後、約30分の中断を経て、周回数18周でレースが再開。グリッド順は赤旗中断前のポジション順となり、ロウズがポールポジション、2番手にレイ、3番手にサイクスが並んだ。

 2回目のスタートでトップに立ったのはやはりレイだった。レイは4周目でファステストラップをたたき出して先頭をキープ。しかし2番手のロウズもレイを逃さない。ロウズは5周目に自己ベストをマーク。引き続き、レイを追う。

 7周目の8コーナー、ロウズがブレーキングでレイにインに飛び込み、オーバーテイク。ついにトップに浮上した。ロウズはレイを交わすとその差を広げていく。

 ロウズはレイに対し1秒以上のアドバンテージを築いてトップを走行していたが、9周目、11コーナーでロウズがまさかのスリップダウン。転倒を喫し、そのまま痛恨のリタイアとなった。

 代わってレースリーダーとなったレイはすでに2番手のサイクスに対し5秒以上の差をつけており、この時点で単特トップ。2番手はサイクス、3番手にハスラムがつける。そして、5番手スタートのアルバロ・バウティスタ(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)が4番手につけていた。

序盤から上位をキープし、2位でフィニッシュしたサイクス
序盤から上位をキープし、2位でフィニッシュしたサイクス

 そんな12周目8コーナーで、3番手を走行中だったハスラムがクラッシュ。バウティスタが3番手に浮上する。

 レイはそのままトップを守り切り、今季3勝目となる優勝を果たした。2位でチェッカーを受けたのはサイクスで、BMWモトラッド・ワールドSBKチームに移籍後初、SBKでファクトリー体制を復活させたBMWとしても初の表彰台獲得となった。3位にはバウティスタが入り表彰台の最後の一角を手にしている。

雨の第7戦イタリアのレース1を制したレイ、移籍後初表彰台獲得の2位のサイクスと3位のバウティスタ
雨の第7戦イタリアのレース1を制したレイ、移籍後初表彰台獲得の2位のサイクスと3位のバウティスタ

 また、高橋裕紀(モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム)がこのレースで8位フィニッシュ。自身としてもSBKにおける自己最高位を獲得し、同時にこの結果はモリワキ-アルティア・ホンダ・チームにとっても今季ベストリザルトとなった。

 同じくモリワキ-アルティア・ホンダ・チームの清成龍一も14位フィニッシュを果たし、ポイントを獲得している。

自身としてもモリワキ-アルティア・ホンダ・チームとしてもベストリザルトとなる8位を獲得した高橋
自身としてもモリワキ-アルティア・ホンダ・チームとしてもベストリザルトとなる8位を獲得した高橋

■SBK第7戦イタリア レース1順位結果(18周) ※赤旗中断から再開後のレース結果

Pos.No.RiderTeam/MachineTime/Gap
11J.レイカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)32’16.526
266T.サイクスBMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)3.692
319A.バウティスタAruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)7.756
476L.バズテンケイト・レーシング(ヤマハYZF-R1)12.932
57C.デイビスAruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)15.801
633M.メランドリGRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)41.963
711S.コルテセGRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)45.967
872高橋裕紀モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR)46.479
987L.ザネッティモトコルサ・レーシング(ドゥカティパニガーレV4 R)47.695
1036L.メルカドオレラック・レーシングVerdNatura(カワサキZX-10RR)48.026
1152A.デルビアンコアルティア・ミエ・レーシングチーム(ホンダCBR1000RR)49.700
1281J.トーレスチーム・ペデルチーニ・レーシング(カワサキZX-10RR)49.833
1397S.カヴァリエリモトコルサ・レーシング(ドゥカティパニガーレV4 R)1’08.793
1423清成龍一モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR)1’13.510
1528M.ライターベルガーBMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)1’36.134
RET54T.ラズガットリオグルターキッシュ・プセッティレーシング(カワサキZX-10RR)1 Lap(リタイア)
RET91L.ハスラムカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)6 Laps(リタイア)
RET21M.ルーベン・リナルディバーニーレーシングチーム(ドゥカティ パニガーレV4 R)8 Laps(リタイア)
RET22A.ロウズパタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム(ヤマハYZF-R1)10 Laps(リタイア)
RET51M.ピロバーニーレーシングチーム(ドゥカティ パニガーレV4 R)10 Laps(リタイア)
RET9D.シュミッターiXSレーシング・パワード・バイYART(ヤマハYZF-R1)10 Laps(リタイア)

■スーパーポール・レース:レイが2番手走行中に転倒。バウティスタが今季14勝目


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

SUBARU BRZ GT GALS BREEZE
津田知美(つだともみ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング